ゴーンの逮捕容疑「50億の報酬」は払われていなかった! 検察の杜撰すぎる捜査とリークに丸乗りするマスコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ゴーンの逮捕容疑「50億の報酬」は払われていなかった! 検察の杜撰すぎる捜査とリークに丸乗りするマスコミの画像1
逮捕されたカルロス・ゴーン著書(『カルロス・ゴーン経営を語る』 日経ビジネス人文庫)

 いったいどうなっているのか。日産自動車のカルロス・ゴーン氏(会長解任)逮捕から1週間が経ったが、ここにきて、“約50億円の報酬の有価証券報告書虚偽記載”という検察のシナリオに、大きなクエッションがついている。というのも、当初、「報酬を得ていたにも関わらず不記載」とされたはずの約50億円が、実際には、ゴーン氏が退任後に日産から報酬を受け取る約束を交わしていただけ、つまり「50億円はまだもらっていなかった」というのである。

 朝日新聞が24日朝刊の一面で報じ、読売新聞が追いかけた。微妙に表現に違いがあるが、両紙の報道の共通部分をかいつまむと、ゴーン氏側が役員退任後に毎年約10億円を日産から受け取るとする〈覚書〉(読売)を毎年作成。東京地検特捜部はこの〈契約書〉(朝日)を押収した。〈将来の支払いが確定した報酬として開示義務があり、事実上の隠蔽工作と判断した〉(朝日)という。

 一方、もっとも異なっているのは、朝日が〈毎年約10億円、5年度分で約50億円が積み立てられていた〉としているのに対し、読売は〈後払い分は事前に積み立ててはおらず、ゴーン容疑者が退任した後に、同社が社内に蓄積している利益の中から捻出することにしていた〉と伝えているところだろう。

 どちらが正しいのか、あるいはどちらも間違っているのか、それは定かでないにせよ、この「将来に受け取ると約束した50億円」が、例の虚偽記載の「約50億円」と見られているようだ。

 しかし、ちょっと待ってほしい。報道が事実だとしたら、これ、そもそも金融商品取引法違反にあたるか疑問だ。なにせ、ざっくり言えば、検察は「まだ受け取っていないカネ」の報告義務を主張し、ゴーン氏をしょっ引こうというのである。そんなことが本当にできるのだろうか。

 実際、元検察官からも強い疑義が呈されている。東京地検特捜部出身の郷原信郎弁護士は、25日に「Yahoo!ニュース」へ出した記事で、〈今回の事件の逮捕容疑の「虚偽記載」の内容が、本当に、「退任後の支払の約束」の程度の話で、現実の支払ではなかったのだとすると、有価証券報告書に記載義務があるのかどうか、犯罪と言えるかどうかも、極めて微妙なことになる〉と指摘した。

 郷原弁護士によれば、退任後の「約束」と現実に受領する役員報酬とは、「支払いを受けることの確実性」という点で大きな違いがある。それは、退任後に別の名目で「報酬」を払うのならば都度、社内で手続きをとる必要があるため、その時の経営状況などにより、事実上、その「約束」を果たせない可能性があるからだ。

〈そういう意味では、退任後の「支払の約束」は、無事に日産トップの職を終えた場合に受け取ることの「期待権」に過ぎないと見るべきであろう。多くの日本企業で行われている「役員退職慰労金」と類似しており、むしろ、慰労金であれば、社内規程で役員退職慰労金の金額あるいは算定方法が具体的に定められ、在職時点で退職後の役員退職慰労金の受領権が確定していると考えられるが、実際に、慰労金の予定額について、有価証券報告書に役員報酬額として記載している例は見たことがない。〉

 郷原弁護士の言うように、たしかに「役員退職慰労金」は、その是非はともかくとしても、多くの日本企業でごく当たり前に行われていることだ。これは通常の社員の退職金とは異なり、役員、とりわけ会社の功労者に支払われるお金だが、その金額や仕組みに関しては内規で定めるか、あるいは株主総会での決議を得る必要がある。

 ゴーン氏の場合、検察はこれを「後払い報酬の密約」と立証することで虚偽記載の枠組みに入れようというわけだが、少なくとも、今現在は報酬を得ていないのだから「総会決議を前提とした役員退職慰労金」、すなわち「絵に描いた餅」である可能性も決して低くないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ゴーンの逮捕容疑「50億の報酬」は払われていなかった! 検察の杜撰すぎる捜査とリークに丸乗りするマスコミのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。カルロス・ゴーン国策捜査日産自動車検察編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
2 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
3 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
4 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
6 維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
9 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
10 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
14 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
17 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
18 入管法改正をケント・ギルバートが批判
19 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
20 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
6 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 入管法改正をケント・ギルバートが批判
9三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
11麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
16自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄