再ブレイクDA PUMPに中居正広が困惑の表情を見せた理由! ジャニーズによる熾烈なDA PUMP潰しの過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
DA PUMP再ブレイクに中居正広が戸惑いを見せた理由! ジャニーズの熾烈な圧力で音楽番組から締め出されていた過去の画像1
大ヒットとなったU.S.A.


「U.S.A.」が大ヒット、再ブレイクを果たしたボーカル&ダンスグループDA PUMP。年末の番組にもひっぱりだこで、現メンバーだけでなくすでに脱退した元メンバーにも脚光が当たる現象まで起こっているが、そんなひとりが2008年に脱退したYUKINARIだ。YUKINARIは10月24日放送『ナカイの窓』(日本テレビ)に出演、司会の中居正広とネットでは“久々の再会”“思い出話に花が咲いた”などと話題になったのだ。しかしこの再会劇にはメディアが触れない微妙なシーンがあった。

 スタジオにYUKINARIが登場すると中居は口に手を当てながら「あれっ、えっっ!」、「ちょっと、どうして」と、いかにも“旧知の人の突然の登場”に驚いたような様子を見せる。

 さらにYUKINARIのプロフィールを紹介した陣内智則が「中居さんとは結構……」とかつて2人がしょっちゅう共演していた旧知の仲といった感じで話をふった。

 かつてDA PUMPが人気を博していた2000年前後は、言うまでもなくSMAPも国民的アイドルとして絶大な人気を誇っていた。同時代の人気者同士、当然多くの音楽番組やバラエティ番組で共演していたはず、陣内はそう思ったのだろう。

 ところが、中居は「いやっ」と一瞬言葉をつまらせてしまったのだ。

 その直後、YUKINARIのほうが「紅白とかでご一緒した」と助け舟を出したのだが、中居のこの反応はかなり不自然で微妙なものだった。

 どうして中居は答えられなかったのか。それはDA PUMPとジャニーズ事務所の間に長年の“因縁”が存在したからだ。

 DA PUMPがデビューしたのは1997年。歌唱力やダンスも抜群のセンスで、翌年の1998年から『NHK紅白歌合戦』に5年連続で出演するなど、大人気の存在となったのは周知の通りだが、しかしブレイクに至るまでには、ジャニーズ事務所の陰湿とも思える妨害行為があった。その最たるものが、1997年12月に起こったKinKi Kidsの『ミュージックステーション』(テレビ朝日)ドタキャン事件だ。この一件はジャニーズ事務所が『ミュージックステーション』に出演予定だったKinKi Kidsを前日になって出演しないと一方的に通告してきたもの。

 当時、ジャニーズタブーのため、多くのメディアはこのドタキャンじたいを報じなかったためあまり知られてはいないが、写真週刊誌『FOCUS』(新潮社/2001年休刊)が、このドタキャン事件の背景をDA PUMPの存在にあるとしてこう報じた。

〈番組には沖縄出身のダンスボーカルユニットで、目下人気急上昇中のDA PUMPも出演することになっていた。〉
〈KinKi Kidsの突然の降板は「DA PUMPを出すなら、ウチのタレントは出演させない」というジャニーズ側の意思表示。つまりは、強大な力を背景にテレビ局に圧力をかけるための“恫喝”降板だったのだ。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

再ブレイクDA PUMPに中居正広が困惑の表情を見せた理由! ジャニーズによる熾烈なDA PUMP潰しの過去のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DA PUMPU.S.A.ジャニーズ中居正広林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
10 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
11 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
14 麻生太郎が愛人の店に2360万円
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
18 昭恵夫人が安倍首相の危険な本質を暴露
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄