再ブレイクDA PUMPに中居正広が困惑の表情を見せた理由! ジャニーズによる熾烈なDA PUMP潰しの過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
DA PUMP再ブレイクに中居正広が戸惑いを見せた理由! ジャニーズの熾烈な圧力で音楽番組から締め出されていた過去の画像1
大ヒットとなったU.S.A.


「U.S.A.」が大ヒット、再ブレイクを果たしたボーカル&ダンスグループDA PUMP。年末の番組にもひっぱりだこで、現メンバーだけでなくすでに脱退した元メンバーにも脚光が当たる現象まで起こっているが、そんなひとりが2008年に脱退したYUKINARIだ。YUKINARIは10月24日放送『ナカイの窓』(日本テレビ)に出演、司会の中居正広とネットでは“久々の再会”“思い出話に花が咲いた”などと話題になったのだ。しかしこの再会劇にはメディアが触れない微妙なシーンがあった。

 スタジオにYUKINARIが登場すると中居は口に手を当てながら「あれっ、えっっ!」、「ちょっと、どうして」と、いかにも“旧知の人の突然の登場”に驚いたような様子を見せる。

 さらにYUKINARIのプロフィールを紹介した陣内智則が「中居さんとは結構……」とかつて2人がしょっちゅう共演していた旧知の仲といった感じで話をふった。

 かつてDA PUMPが人気を博していた2000年前後は、言うまでもなくSMAPも国民的アイドルとして絶大な人気を誇っていた。同時代の人気者同士、当然多くの音楽番組やバラエティ番組で共演していたはず、陣内はそう思ったのだろう。

 ところが、中居は「いやっ」と一瞬言葉をつまらせてしまったのだ。

 その直後、YUKINARIのほうが「紅白とかでご一緒した」と助け舟を出したのだが、中居のこの反応はかなり不自然で微妙なものだった。

 どうして中居は答えられなかったのか。それはDA PUMPとジャニーズ事務所の間に長年の“因縁”が存在したからだ。

 DA PUMPがデビューしたのは1997年。歌唱力やダンスも抜群のセンスで、翌年の1998年から『NHK紅白歌合戦』に5年連続で出演するなど、大人気の存在となったのは周知の通りだが、しかしブレイクに至るまでには、ジャニーズ事務所の陰湿とも思える妨害行為があった。その最たるものが、1997年12月に起こったKinKi Kidsの『ミュージックステーション』(テレビ朝日)ドタキャン事件だ。この一件はジャニーズ事務所が『ミュージックステーション』に出演予定だったKinKi Kidsを前日になって出演しないと一方的に通告してきたもの。

 当時、ジャニーズタブーのため、多くのメディアはこのドタキャンじたいを報じなかったためあまり知られてはいないが、写真週刊誌『FOCUS』(新潮社/2001年休刊)が、このドタキャン事件の背景をDA PUMPの存在にあるとしてこう報じた。

〈番組には沖縄出身のダンスボーカルユニットで、目下人気急上昇中のDA PUMPも出演することになっていた。〉
〈KinKi Kidsの突然の降板は「DA PUMPを出すなら、ウチのタレントは出演させない」というジャニーズ側の意思表示。つまりは、強大な力を背景にテレビ局に圧力をかけるための“恫喝”降板だったのだ。〉

共演NG、ドタキャン…ジャニーズ圧力による熾烈なDA PUMP潰し

 当時、男性グループはジャニーズの独占状態にあり、ジャニーズ以外では存在すら許されない、デビューできない、デビューしても潰されるというのが常識だった。実際、この頃、ジャニーズの恫喝圧力にあった男性グループはDA PUMPだけではなかった。DA PUMPの弟分で2001年にデビューしたw-inds.も、ジャニーズとの共演はNGであり、地上波での出演はほとんどなかったし、2005年結成のAAAに女性メンバーがいるのも、ジャニーズの圧力対策だといわれている。それほどジャニーズは、ジャニーズ以外の“踊って歌える”男性グループを敵視してきた。

「あの頃は、SMAPが国民的アイドルとして人気絶頂を迎え、また94年にはTOKIO、95年はV6がデビューし、ジャニーズ事務所がこの世の春を謳歌していた時期です。しかもDA PUMPにとって悲劇だったのは、彼らがデビューした直後に、ジャニー喜多川社長肝いりのKinKi Kidsがデビューしたことが重なったこと。ジャニーズ事務所はその影響力を盤石にするため、ジャニーズ以外の男性アイドルグループ、とくに歌って踊れるDA PUMPを標的にするかのように、排除しようとしたのです」(当時を知る音楽関係者)

 その影響力は大きく、テレビ局に与える圧力も強大だった。実際、DA PUMPはジャニーズアイドルたちと『紅白』をのぞけば共演NGとなっていく。

 冒頭の『ナカイの窓』で、陣内は中居とYUKINARIの2人を旧知の仲だと思い込み、中居に話をふってしまったようだが、デビュー後のDA PUMPがSMAPと一緒に『紅白』に出演していた印象だけが強かったからだろう。

 しかもジャニーズのDA PUMPに対する逆鱗はそれだけでは収まらなかった。翌1998年、またもや事件が起こる。この年の『愛は地球を救う』(日本テレビ)ではSPEEDとKinKi Kidsの司会が予定されていたのだが、これまた直前にKinKi Kids、そして出演予定だったTOKIOをドタキャンさせる事件が起こったのだ。

「SPEEDはDA PUMPと同じライジングプロダクション所属でしたからね。しかもKinKi Kidsの出演はこの前年にすでに決まっていたのに、後から決まったSPEEDがメインに選ばれた。飛ぶ鳥を落とす勢いにジャニーズにとっては看過できるものではなかった。もちろんDA PUMPの存在が面白くなかったという因縁もあり、当時、関係者の間で大きな話題となりました」(前同)

 昨年ブレイクした三浦大知もライジング所属だが、1997年デビューの Folder時代からジャニーズに目をつけられ、『ミュージックステーション』に初出演したのはデビューから19年も経った2016年のことだった。

「週刊女性」のアンチ・ジャニーズ路線も、DA PUMP潰しがきっかけ

 ジャニーズによる執拗なDA PUMP憎しはその後も続いた。それがアイドル誌『JUNON』(主婦と生活社)事件だ。それまで蜜月関係にあったジャニーズ事務所と同社だが、『JUNON』をめぐりある事件が勃発する。これを報じた『噂の真相』(2004年休刊)には、両者の決裂劇に、DA PUMPが関係していたと指摘されている。

〈01年9月号にSMAPの香取慎吾が登場し、北川悦吏子と組んで「絵本」を作るという目玉企画があったんだが、その絵本のすぐ後にジャニーズのライバル、DA PUMPの広告を大きく載せてしまったのだ。
 激怒したジャニーズ事務所は、ついに『JUNON』に出入り禁止を宣言。以降、同誌は見る見るうちに部数を落としてしまう〉

 その後、同社の「週刊女性」はアンチ・ジャニーズに大きく舵を切っていくのだが、これは極めてめずらしいケース。ほとんどのメディアは強大なジャニーズの影響力にひれ伏してきたことは言うまでもない。

「そのため長らく日本の芸能界での男性グループはジャニーズの専売特許だったことはこの世界では周知の事実です。その後EXILEの登場で、その構図も少し緩んできましたが、しかし、現在もジャニーズの威光は絶大です。たとえば男性ダンスボーカルグループの超特急やBOYS AND MENも地上波テレビにはなかなか出演できませんし、紅白にも出場できない状況が続いているのです」(同前)

 そんなジャニーズ帝国の“男性グループ独占”の犠牲となった最大の存在がDA PUMPであり、今回の中居の困惑の表情にはその歴史が深く投影されていたと言える。ともあれ、DA PUMPの再ブレイクは、彼らの実力や年齢だけでなく、ジャニーズ事務所の影響力の低下をも示唆しているのかもしれない。

最終更新:2018.12.28 12:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

再ブレイクDA PUMPに中居正広が困惑の表情を見せた理由! ジャニーズによる熾烈なDA PUMP潰しの過去のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DA PUMPU.S.A.ジャニーズ中居正広林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相の休校要請に非難殺到、コロナ対策費ケチり韓国1兆円以上なのに153億円
2 杉田水脈もコロナのなかパーティ! 櫻井よしこ、ケント、フィフィも参加
3 「桜を見る会」マルチ商法社長の招待は昭恵夫人の事業への資金提供の見返り
4 田崎とケントに自民党からカネが!
5 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
6 安倍政権のコロナ基本方針に絶句!検査受けられない体制は続行
7 望月衣塑子原案映画『新聞記者』にサイバー攻撃、テレビはパブ拒否
8 安倍首相が新型コロナ対応から逃げまくり! 韓国・文在寅大統領との差
9 田崎史郎がコロナ問題で「町医者は検査しろ」「熱が出て旅行いくな」
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 石破茂が安倍応援団メディアを痛烈批判
12 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
13 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
14 百田尚樹がなぜか告発「官邸から仕事、謝礼をもらっている保守論客」って誰?
15 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
16 安倍政権がクルーズ船の厚労省職員を「感染者が増えるのは嫌」と検査せず
17 安倍政権はコロナも“自己責任 韓国は生活費支援も日本は休業補償認めず
18 『スシローと不愉快な仲間たち』9 新型コロナであのコピーライターが
19 クルーズ船死亡者「コロナ感染者かどうかも言えない」は安倍政権の失態隠しか
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄