紅白出演TWICEにも「慰安婦シャツを着ていた」と炎上攻撃! ネトウヨがBTSの“二匹目のドジョウ”狙う韓国ヘイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
紅白出演TWICEにも「慰安婦シャツを着ていた」と炎上攻撃! ネトウヨがBTSの二匹目のドジョウ狙う韓国ヘイトの画像1
12月26日にリパッケージで発売される『BDZ(通常盤)』

 TWICEが炎上している。TWICEは先日『第69回NHK紅白歌合戦』への出場が決まり、K-POPガールズグループとしては初めての2年連続出場という記録をつくったばかりだが、そんな彼女たちが「慰安婦シャツを着ていた」としてネトウヨから攻撃を受けているのだ。

 たとえば、元北海道議会議員の小野寺まさる氏はこのようにツイートしている。

〈【悲報】原爆Tシャツで日本人を敵に回したBTSがNHKの紅白落選!これは朗報だが、実は2回目の出場を決めたtwiceのメンバーのダヒョンさんが「慰安婦Tシャツ」を着ていたことが判明。このTシャツの売り上げは韓国の理不尽な慰安婦活動の資金源に…。NHKはこんな反日活動家を紅白に出場させるのだ〉

また、その他にもネット上にはこんな言葉が並んでいる。

〈韓国出身の人間を起用する時は常にこういうリスクあるからな〉
〈いや今からでも取り消せよ それくらいの矜持は示せよ国営放送〉
〈他の国で稼げないから日本に来るんだろうし上っ面だけだも親日に出来ないのかコイツら〉
〈日本嫌いなのにお金稼ぐ為に日本に媚売れる精神が理解不能ね〉

 ネットニュースやまとめサイトも盛んに取り上げ、「BTSの『ミュージックステーション』キャンセルに続いて、TWICEも『紅白歌合戦』辞退か?」といった文脈ができあがっている。

 これはBTS騒動の二匹目のドジョウを狙ったもので、その本質は、本サイトが以前から指摘しているように(BTSの『Mステ』締め出しの裏!)、BTS騒動と同じく「韓国ヘイト」である。

 振り返れば、11月9日放送『ミュージックステーション』(テレビ朝日)のBTS出演キャンセルの裏には、レイシストに扇動されたネトウヨ層たちの電話攻撃があった。

 たとえば、韓国人や中国人へのジェノサイドまでをも主張するレイシスト団体「在特会(在日特権を許さない市民の会)」元会長の桜井誠氏は、11月5日に更新したブログで『ミュージックステーション』のスポンサー企業に“電凸”する旨を告知。また、ブログの読者にも同様の行為を行うように煽っていた。

 在特会はこれまで、原爆ドーム解体を主張したり、8月6日に核武装推進を訴えたデモ行進を行うなどしてきた。本当に原爆や核の問題を考えているというのであれば、問い糺されるべきは、ただ単に原爆の写真がプリントされていたTシャツを着ていただけのジミンではなく、桜井氏自身ではないか。

 そして、K-POPアーティストを韓国叩きの道具にしている連中の化けの皮が剥がれたのが、BTSによる謝罪の声明と、その謝罪を受け入れた日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の一連の動きに対する反応である。

 11月14日、BTSの所属するBig Hitエンターテインメントは、〈当社所属の全アーティストの活動において、戦争および原爆等を支持せず、これに反対し、原爆投下により被害に遭われた方を傷つける意図は一切なく、今後もないことを明らかにいたします〉と、原爆に対する考えを明らかにし、さらに、〈当社が事前に十分な監修ができず、当社のアーティストが着用するに至ったことにより、原爆被害者の方を意図せずとも傷つけ得ることになった点はもちろん、原爆のイメージを連想させる当社アーティストの姿によって不快な思いを感じ得た点について心よりお詫び申し上げます〉と謝罪した。

 またさらに、Big Hitエンターテインメントは、単に声明を発表するだけにとどまらず、事務所の代表者が日韓の被爆者団体に直接出向いて説明と謝罪をしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紅白出演TWICEにも「慰安婦シャツを着ていた」と炎上攻撃! ネトウヨがBTSの“二匹目のドジョウ”狙う韓国ヘイトのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BTSTWICEミュージックステーション小野寺まさる桜井誠編集部防弾少年団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
8 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄