百田尚樹が「安倍総理が名誉毀損裁判で噂の真相を廃刊に追い込んだ」とデマ…ならば公開しよう、安倍vs噂真裁判の全容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍側は和解直後から「休刊で訴訟の目的を達した」と吹聴していた

 いずれにしても、安倍首相は名誉毀損裁判で「噂の真相」を廃刊に追い込んだどころか、損害賠償金ゼロで和解に応じ、提訴を取り下げた、というのが真相なのだ。 

 ところが、安倍サイドはこの和解の直後から、今回と同じように“噂の真相を休刊に追い込んだ”という主旨のコメントをふりまいていた。裁判が和解になった直後、そのことを報じた毎日新聞(2004年2月18日)に、安倍側の主任弁護士が、こんなコメントを出している。

「「おわび」の掲載と雑誌の休刊によって訴訟の目的を達成したと判断した。事実上の勝訴と受け止めている」

 このコメントには「噂の真相」編集長の岡留安則も激怒したようだ。やはり毎日新聞のインタビュー(2004年2月24日)で、安倍との裁判での和解に触れ、「相手の弁護士は『休刊で訴訟の目的を達した』などと休刊に追い込んだように言っている。不快だ。この裁判には自信があり、とことん闘えば勝てたと思う。「一部に誤りがある」と謝罪すれば、取り下げるというので和解に応じただけだ。」と語っている。

 ちなみにこのコメントを出した安倍の弁護士は、第一次安倍政権で、NHKの経営委員に就任しているが、それはともかく、これとまったく同じようなデマが今回、百田から飛び出したというわけだ。川端が呆れたようにこう話す。

「安倍サイドはたぶん、和解に応じたことをごまかすために当時、そういうことをマスコミに強弁していたんでしょう。でも、百田の話が本当なら、あれから15年経ったいまでも、その嘘をあちこちでしゃべっているということですからね。それにはさすがに驚きました。弁護士が担当した裁判のことでこんな嘘をいいふらしていいのか。それとも、その辣腕弁護士とやらは嘘を言っているうちに本当に自分が休刊に追い込んだ気になってしまったのか。だとしたら、クライアントと体質がそっくりとも言えますが(笑)」

 今回のデマは、百田のホラというだけでなく、背後に、安倍首相とその弁護団の姿勢があることは間違いないだろう。

 ところで、百田はもうひとつ、くだんの〈「噂の真相」を廃刊に追い込んだ弁護士先生〉から聞いた話として、〈最後に編集長だか副編集長だかが、「このままで終わると思うなよ」と捨て台詞を吐いた〉というエピソードを紹介している。これは事実なのかデマなのか。川端からはこんな答えが返ってきた。

「僕は和解に反対だったから、和解調停にはいなかったんですよ。そのセリフを言ったとしたら編集長の岡留ということになるけど、どうかなあ。そういうことを言うタイプじゃないんだけど。ただ、『このままで終わると思うなよ』については、デマだと言う気はない。なぜなら、僕がその席にいたら、きっと同じようなことを言ったから(笑)。あの裁判のやり口を見ていて、安倍が強い権力を握ったら、絶対に言論の自由と民主主義は危機にさらされる、このまま見過ごすことはできないと思っていましたから」

 実際、その後、安倍は権力への階段を駆け上がるにつれて、噂の真相裁判で見せた言論弾圧体質とフェイク体質をむき出しにしていった。露骨なメディアへの圧力、安倍応援団を使った批判封殺とデマ攻撃、森友加計問題での嘘とごまかし。安倍政権下で言論の自由は明らかに危機に直面している。

 いまこそ「このまま見過ごすことはできない」という危機感をメディア全体が共有すべきではないのか。

最終更新:2018.10.23 06:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹が「安倍総理が名誉毀損裁判で噂の真相を廃刊に追い込んだ」とデマ…ならば公開しよう、安倍vs噂真裁判の全容のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウーマンラッシュアワー噂の真相安倍晋三村本大輔百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
2 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
8 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
9 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
10 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
11 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
6ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
8維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄