百田尚樹が「安倍総理が名誉毀損裁判で噂の真相を廃刊に追い込んだ」とデマ…ならば公開しよう、安倍vs噂真裁判の全容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「噂の真相」との裁判で安倍が見せた圧力と言論弾圧体質

 裁判は、「噂の真相」2003年2月号の記事「対北朝鮮強硬路線で『次期首相』を狙う安倍晋三の危険なルーツと背後関係」に対し、官房副長官だった安倍晋三が「記事で名誉を傷つけられた」として、1000万円の高額損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴したものだった。

当該記事の内容を簡単に説明すると、当時、北朝鮮による拉致問題で存在感を強めていた安倍晋三の怪しい人脈や地元・下関での疑惑を「噂の真相」が現地取材や関係者証言、物証をもとに検証したもの。とくに、フォーカスを当てていたのが、山口や福岡などを拠点にパチンコチェーンを展開していたS社との関係だった。

「噂の真相」は安倍の下関の事務所や福岡の事務所がこのS社から貸与されていたこと、さらに、やはり下関にある敷地2000平方メートルに及ぶ自宅豪邸も、同じくS社から貸与されたのち、譲渡されていることをつかんだ。

 しかも、取材してみると、S社は父親・安倍晋太郎の代から「安倍家のスポンサー」として有名な企業で、事務所の賃料が相場より安く、便宜供与にあたる可能性が高いという疑惑も浮上した。

「噂の真相」はこうした疑惑について、安倍事務所に質問状をFAXで送付したが、安倍事務所は期日になっても返事をよこさなかった。そこで、安倍サイドは疑惑について「説明できない」ということだと判断し、記事を出したのである。

 すると、安倍は質問状を完全に無視しておきながら、発売前から子飼いの週刊誌記者を通じてゲラを入手しようと探りを入れ、記事を掲載した号が発売されると、代理人弁護士を通じて2度にわたって抗議の通知書を送りつけてきた。反権力の立ち位置から政治家のスキャンダルを再三にわたって報じてきた「噂の真相」にとって、この種のクレームは珍しくなかったが、安倍側からの通知書は、記事のどこがどう事実に反しているのかも一切明らかにしないまま、「聴取した証言者の数、客観的証拠を明らかにせよ」と要求するなど、まるで犯人捜しを狙ったとしか思えないようなシロモノだった。

 そこで「噂の真相」が、記事のいかなる部分がどう事実に反するのか、一連の疑惑についてどう釈明するのかを文書で質したところ、安倍はやはり返答もなしに、いきなり地裁に提訴してきたのだ。

 ところが、この訴状も唖然とするような乱暴なものだった。具体的にどこの部分がどう事実に反するかを一切指摘しないまま、記事の記述を大量に引用して、これらの記述がすべて「不法行為」にあたると主張しているだけ。しかも、安倍サイドが名誉を毀損したとするその大量の引用にはなぜか、記事の中核であるはずのパチンコ業者からの事務所貸与や自宅譲渡の記述がなく、そのかわりに、安倍がオフレコで新聞記者にしゃべっている内容の紹介や、安倍首相の政治姿勢の論評までが大量に並べられていた。

 たとえば、記事には「安倍の最終目的は(日朝)正常化交渉を阻止して北を暴発させ、それを口実に武力攻撃への道を開くことなんじゃないか」「この国はとてつもなく危険な人物に外交の全権を委ねてしまったということだろう」といった論評が書かれていたが、安倍はこの記述まで「不法行為にあたる」といってきたのだ。

「それまで何度も名誉毀損で訴えられてきたけど、あんな乱暴な訴状は見たことがなかった。記事を政治家が政治姿勢の批判まで名誉毀損だというのは、『表現の自由』や『民主主義』に対する認識が欠如しているとしか思えない。あの体質は昔からだったということです」(川端)

 たしかに、提訴までの経緯や訴状の内容をみていると、疑惑には一切こたえぬまま、「虚報だ」とわめき立て、さらには圧力で口を塞ごうとする安倍首相の現在の政治姿勢そのままといっていいだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹が「安倍総理が名誉毀損裁判で噂の真相を廃刊に追い込んだ」とデマ…ならば公開しよう、安倍vs噂真裁判の全容のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウーマンラッシュアワー噂の真相安倍晋三村本大輔百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
2 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
3 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
4 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
5 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
8 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
9 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
10 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
11 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
13 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
16 厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
19 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
20 愛川欽也が「安倍に殺される」と
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
7昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
11 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
12 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
13阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
14近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
18 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
19K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
20大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄