BTSと秋元康のコラボ中止は当然! 秋元の女性蔑視や極右政権との癒着が問題にならない日本のほうがガラパゴス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

BTSと秋元康とのコラボ中止で露呈した、日本のガラパゴスぶり

 BTSは現在、アメリカ10公演、カナダ3公演、イギリス2公演、オランダ1公演、ドイツ2公演、フランス2公演を含むワールドツアーを行っているが、どの都市でも数万人規模のアリーナやドーム会場ばかりなのにも関わらず、すでに全会場のチケートがソールドアウトしている。

 もちろん、このワールドツアーには日本も含まれているが(東京、名古屋、大坂、福岡)、客観的に見ればいまのBTSにとって日本の市場は世界各国にまたがる数多い取引先のひとつでしかないし、そういったグループにとって「紅白出場」などたいした価値もないのは言うまでもないだろう。むしろ、なぜ忙しいカウントダウンのタイミングでそこまで重要とも言えない国の一番組のためにスケジュールを空けなくてはならないのか。BTSと世界の音楽産業をめぐる状況を概観できていれば当然共有されている認識が、まったく広がっていない。

 今年2月、現在アメリカで最も人気のあるラップグループであるミーゴスが新木場スタジオコーストでのライブをキャンセルした直後、韓国のフェスに出演したのはその象徴的な例と言えるが、もはや日本は世界の音楽産業にとって重要な立ち位置にはない。スティーヴィー・ワンダーが紅白オリジナルソングを作曲していたような豊かな時代は終わったのだ。

 そういった変化は、バブル崩壊以降の日本自体の経済的な力の弱体化もさることながら、日本の音楽業界および音楽ファンの考え方の孤立化・ガラパゴス化も無縁ではないだろう。

 そして、そういった世界からの孤立は、秋元氏の歌詞をめぐる反応にも表れていると言える。

「Bird」および秋元氏に対して見せた韓国のファンの反応は過剰でもなんでもない。むしろ、国際的な基準から見れば当然のものといえる。

 実際、グローバルな舞台に出るような場面で秋元氏と仕事をするということは、国際的な問題になる可能性を抱え込むことと同義である。

 秋元氏の女性蔑視問題は上述した歌詞の問題だけにとどまるものではない。秋元氏は過去にも欧米諸国や東アジア各国から握手会をはじめとした疑似恋愛ビジネスを児童虐待や性的搾取として批判され続けてきた。その最たる例が、2013年に峯岸みなみが恋愛スキャンダルをスクープされた後、坊主頭になってYouTubeに動画を投稿したときで、その際は、BBC、CNN、ガーディアン、ABCなどの大手メディアが取り上げ、秋元氏がプロデュースするガールズグループの異様さを批判された。

 東京オリンピックの開会式閉会式の演出を秋元氏が手がける可能性はひとまずなくなったが、もしも、秋元氏が手がけるようなことになっていたら、必ず上記のような問題が指摘され議論となっていたであろう。

 むしろ、数えきれないほど問題を指摘されながら、今回のBTSとのコラボ中止のような展開にならず、秋元氏がいまだにJ-POP界におけるトッププロデューサーとして君臨している日本の意識こそ見直さなくてはならないものではないだろうか。

最終更新:2018.10.18 03:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

BTSと秋元康のコラボ中止は当然! 秋元の女性蔑視や極右政権との癒着が問題にならない日本のほうがガラパゴスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BTS安倍政権東京五輪秋元康編集部見城徹防弾少年団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
2 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
3 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
4 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
5 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
6 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
7 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
14 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
15 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
16 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
17 DAIGOの父は許永中の片腕だった
18 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
19 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
20 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
6自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄