安倍首相が総裁選討論会で記者から予想外の追及受けて狼狽! 嘘と逆ギレ連発、口にしてはならない言葉も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍首相が総裁選討論会で記者から予想外の追及受けて狼狽! 嘘と逆ギレ連発、口にしてはならない言葉もの画像1
日本記者クラブ公式サイトより

 北海道地震が起こったにもかかわらず総裁選の投開票日延期もせず、一方で地震にかこつけて石破茂・元幹事長との論戦を避けてきた安倍首相だったが、きょう、日本記者クラブ主催の討論会に登場した。

 だが、安倍首相にとってきょうの敵は石破氏ではなく、記者たちだった。

 安倍政権にべったりの御用記者、橋本五郎・読売新聞特別編集委員からもツッコミを浴びせられるという展開に、安倍首相はあきらかに動揺し、お得意のキレ芸や詭弁を連発。そしてついには口にしてはならない言葉まで吐いてしまったのだ。

 まずは、きょうの討論会を振り返ろう。討論会の第一部は安倍首相と石破氏の間で互いに対する一問一答がおこなわれたが、ここでは石破氏の質問をはぐらかすなどの姿勢でなんとかやりすごした安倍首相。だが、平静でいられなくなったのは、記者クラブの代表記者が質問をぶつけた第二部だった。

 前述した橋本五郎氏は「国民が思っている疑問を率直にぶつけたい」と前置きすると、初っ端から安倍首相が“終わったこと”にしている森友・加計問題を取り上げ、「(内閣)不支持の大きな理由は『首相が信頼できない』ということで、非常に深刻な問題」「『不徳の致すところ』と答えておしまいにしてはいけない。なぜそうなっているのか、そのために何をすべきなのか、お答え願いたい」と追及したのだ。

 しかし、安倍首相の返答は、「私の指示や妻が関与したということは一切出ていない」「プロセスにおいては一点の曇りもない」「李下に冠を正さず」という耳にタコの定型文。具体的に何をすべきと考えているのかを訊かれたのに、何も答えなかったのだ。これには橋本氏も「国会答弁でもきちんと誠実に答えてないという声もある」と応戦したが、安倍首相は「いままでも誠意をもって答弁してきたつもり」などと返した。

 だが、今度は倉重篤郎・毎日新聞専門編集委員が「幅広い意味でいえば(安倍首相と昭恵夫人は森友問題に)関係があったと思う」「安倍さんの言い方は賄賂を貰ったとかそういうかたちでは関係がなかったという、意図的に関係を狭めて答弁しているところは不信を呼ぶ」と指摘。さらに「柳瀬(唯夫・首相)秘書官がわざわざ(加計側を)官邸に呼んで助言をしている。そんなことは普通ありませんよ。『一点の曇りもない』という言葉とはあまりにも隔たった事実だと私は思う」と追及した。

 しかし、この倉重氏の質問に、安倍首相は「いろんな話をごっちゃにしている」「私は答弁を変えていない」と強弁。……いやいや、「私や妻が関与していたら総理も国会議員も辞める!」と啖呵を切ったくせに、いつのまにか「贈収賄などではないという文脈で、一切関わっていない」と言い出し、挙げ句、この2つの答弁が同じ趣旨だと閣議決定。あきらかに答弁を変えたのに、「同じ意味だ」と勝手に力づくで自己正当化しただけではないか。よくこれで「答弁を変えていない」と言い切れたものだ。

 この詭弁に対し、倉重氏は「役人のなかには亡くなった人もいる。非常に重要な政治責任を抱えた問題」「ある意味、総理大臣の任を辞してもおかしくないぐらいの重要な問題。安倍さんの頭のなかにその辺のことがちらりと頭をかすめたことはあったのか」と質問。だが、安倍首相は「いま一方的に倉重さんのほうからいろんな話をされましたが、追加で言わせていただきますと、柳瀬さんの話なんですが」と言い、質問には答えず、柳瀬首相秘書官の面談が加計問題の発端にはなっていないと言い訳を繰り返すだけ。

 しかも呆れたことに、安倍首相は昨年の総選挙をもち出し、「国民のみなさまの審判を仰いだところ」などと胸を張ったのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が総裁選討論会で記者から予想外の追及受けて狼狽! 嘘と逆ギレ連発、口にしてはならない言葉ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三日本記者クラブ石破茂編集部自民党総裁選の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
2 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
3 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
4 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
5 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
6 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
7 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
8 指原莉乃卒業でその処世術を考える
9 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
13 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
14 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
15 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
18 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
19 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
20 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
6 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
10 入管法改正をケント・ギルバートが批判
11三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
14沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
17自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
18 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
19維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄