小学館がチンギス・ハーンに謝罪する一方、中韓ヘイト本は放置のダブルスタンダード! 異例対応の背景に外務省圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

チンギス・ハーンに謝罪する一方、小学館は中国・韓国へのヘイト本・ヘイトを乱発

 そもそも、小学館は大手出版社では随一のヘイト本メイカーとして知られる。東京都市大学メディア情報学部・李洪千准教授の論文「出版メディアと排外主義:嫌韓本の分析を中心に」によれば、2005年から2016年までに「嫌韓本」を出版した出版社を点数上位から並べると、小学館は6位(8点)に位置するという。事実、小学館は2010年代にこのような書籍を出版してきた。

『現代中国「国盗り物語」 かくして「反日」は続く』(宮崎正弘)
『「無法」中国との戦い方』(古森義久)
『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』(呉善花)
『日本人が知っておくべき 嘘つき韓国の正体』(SAPIO編集部)
『本当は気が小さい中国人』(SAPIO編集部)
『中国不要論』(三橋貴明)

 また、小学館の保守系雑誌「SAPIO」でも、毎号のように中国・韓国攻撃を展開してきた。たとえば最新の18年4月号でも「韓国の嘘八百」と大々的に特集。「核兵器保有の統一コリアが日本を襲う」(武貞秀士)や「厄介な韓国との付き合い方」(櫻井よしこ)、「あれもこれも全部ウソ!「建国」まで偽る韓国の「歴史改竄」」(八幡和郎)などのタイトルが並んでいる。また、17年12月号では「中国が日本でしている卑劣なこと」や「日本人よ、気をつけろ 北朝鮮と韓国はグルだ!」と題した特集をぶった。以下、同誌の表紙でがなりたてられている特集タイトルを並べてみよう。

「韓国「反日の嵐」再び」(17年7月号)
「朝鮮半島から降り注ぐ厄災」(17年6月号)
「親北「極左」政権誕生で韓国が壊死する」(17年4月号)
「韓国「破裂」」(17年1月号増刊)
「「反日韓国」がまた動き出した」(16年7月号)
「韓国の裏切り」(16年3月号)
「反日の元凶 韓国人の「差別」を読み解く」(15年11月号)
「中国・韓国「70年の嘘」に決着をつける」(15年9月号)
「韓国が「日本に学べ」と言い出した」(15年8月号)
「中国は、日本が黙らせる!」(15年3月号)

 あげていけばキリがないが、いずれにせよ、手をかえ品をかえ中国・韓国攻撃を繰り返し、歴史修正や差別を扇動する表現を、小学館はいくつも世に送り出してきたのである。こうした書籍や雑誌記事は、パロディ表現の範疇ともいえる“チンギス・ハーン落書き問題”とはちがって、明らかに差別を煽動しておりはるかに悪質だ。その製造責任は棚にあげておいて“チンギス・ハーン落書き問題”にだけ謝罪し、雑誌を販売中止にしたのは、どう考えてもダブルスタンダードとしか言いようがないだろう。

 それでは、なぜ小学館は今回、こんなダブルスタンダードを満天下にさらしたのか。実は、その背景には外務省の圧力があったのではないかと見られている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小学館がチンギス・ハーンに謝罪する一方、中韓ヘイト本は放置のダブルスタンダード! 異例対応の背景に外務省圧力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SAPIOコロコロコミック嫌韓小学館編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
10バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
11石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
12 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄