年末特別企画 リテラの2017年振り返り

詩織さんからはあちゅうまで、セクハラ被害者、働く母親へのバッシングが頻発した“男尊女卑”の1年を総まくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【その2】小出恵介淫行事件で起きた被害少女への誹謗中傷に松本人志が賛意!「相手の未成年の女にも罰則を」

 今年6月、未成年淫行が発覚し芸能活動無期停止になった俳優の小出恵介だが、小出以上に批判に晒されたのが被害者である17歳の少女だった。
 ネットでは「小出は悪いが女も未成年で飲酒してる」「悪い女に引っかかっただけでしょ」などといった少女批判が溢れ、芸能マスコミも一般人である少女のプライバシーまで晒して「ハニートラップ」「美人局」呼ばわり、また『とくダネ!』(フジテレビ)司会の小倉智昭は明らかに少女が金銭目的との前提で、批判を口にしていた。
 なかでも悪質だったのが『ワイドナショー』(フジテレビ)の松本人志だ。「未成年の女のほうにも罰則を作るべき」と暴言を吐き、さらに被害者少女がバッシングされている状況を「SNSとかがまんざら悪くない」「我々タレントにしたらいい時代になってきた」とまでコメントしたのだ。
 そもそも淫行条例は身体や精神が成長途上にある18歳未満の少年少女を保護するのが目的だが、松本はそんなことすら理解せず、単に「男ばっかりずるい!女のほうもしょっぴけ!」とばかりに執拗に少女に対する攻撃を繰り返した。
 松本は、その後もさまざまな事件で、強者の論理を丸出しにし続け、12月には安倍首相と嬉々として会食までおこなった。
 そういう意味では、まさに成功者にありがちな「マッチョ男権オヤジ」の典型になってしまった、ということだろう。


【その3】斉藤由貴ら女性芸能人の不倫は厳しく糾弾される一方で、宮迫博之ら男性の不倫は笑い話に

 日本社会の男尊女卑、不平等を語る上で、はずせないのが不倫問題だ。今年も、芸能界では斉藤由貴、上原多香子、江角マキコ、藤吉久美子、政界では今井絵理子、山尾志桜里と、女性の不倫が大々的に取り上げられ、激しいバッシングが浴びせられた。
 斉藤由貴、上原多香子は活動自粛、江角マキコは引退、山尾志桜里も離党に追い込まれている。
 しかし、一方、男性の不倫は全く厳しく追及されない。その例が8月に発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之の二股不倫だ。不倫が報じられたのは宮迫がスペシャルサポーターを務める“感動テレビ”『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ)の直前。これまでベッキーや矢口真里など不倫騒動を起こした女性タレントたちが番組降板に追い込まれてきたことを考えれば、宮迫降板の可能性も取り沙汰された。
 しかし実際はそんな事態にはならなかった。むしろ、他レギュラー番組もほぼ休むことなく現状が維持されている。それどころか、報道翌日に生出演したレギュラー番組『バイキング』(フジテレビ)で釈明した際も、他出演者から“いじられる”だけで、“一線を超えていない”という言い訳に対する厳しい批判や矛盾を指摘するツッコミは皆無だった。
 たとえば日テレだけを考えても、宮迫の『24時間テレビ』出演続行を美談に仕立てた一方で、2016年に不倫が報じられたベッキーは『世界の果てまでイッテQ!』を、さらにその前年に不倫が発覚した矢口真里は『ヒルナンデス!』のレギュラーを降板したままいまだ復帰できていない。あまりにちがいすぎる 。
 この差はいったい何なのか。本サイトで度々指摘している大手事務所タブーももちろんある。しかしもうひとつ別の理由がある。それが、宮迫が男だったからだ。
 これまで、多くの男性芸能人の不倫が発覚してきたが、芸能活動を休業するまで追い込まれたケースはほとんどない。しかし、女性に関しては、芸能マスコミも世間も大糾弾し、ほとんど犯罪者扱いでどこまでも追いかけ回してきたのは、矢口のケースでも明らかだろう。
 これは社会が女性にだけ強い貞操を求め、男性の不倫は“芸の肥やし”“誰でもする”という肯定論、寛容論が根強く存在するからだ。さらに、日本では男性の不倫を許容する妻が良き妻として称賛される。
 まさしく女性蔑視以外のなにものでもないが、これはメディアの問題だけでなく、女性の性に不寛容な日本社会全体の問題だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

詩織さんからはあちゅうまで、セクハラ被害者、働く母親へのバッシングが頻発した“男尊女卑”の1年を総まくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。はあちゅうセクハラ不倫伊藤詩織小出恵介指原莉乃編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅官房長官が櫻井よしこ「なぜアベノマスクをつけない」に「暑いから」
2 アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
3 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
4 山下智久の女子高生とホテル報道を芸能マスコミは一切報じず
5 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
9 小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
10 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
12 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
13 山下智久“女子高生と飲酒・ホテル”でジャニーズ事務所が報道封じ
14 吉村知事に三浦瑠麗が「本人も間違ったと思ってる」 維新幹事長は「対案出せ」
15 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
16 日航機墜落事故30年目のタブーとは
17 毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
18 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
19 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
20 トクホなのに体に悪い危険な飲料とは
1安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
4内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
6 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
10菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
11安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
12「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
13毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
14小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
16日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
18核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
19アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
20維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄