「森友・加計は朝日の捏造」と断定し朝日から抗議を受けた小川榮太郎の安倍擁護本を自民党が大量購入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

選挙期間中に打たれた異例の中吊り広告、そして自民党の大量購入

 こうした記述をみるだけでも、同書が「安倍首相擁護」「森友・加計疑惑隠し」という政治目的ありきで書かれた本であることは疑いようがないが、問題はそれだけではない。同書は実際に、安倍政権によって大いに政治利用されているのだ。

 そのひとつが先の総選挙で安倍自民党の宣伝に寄与していたという事実だ。同書の奥付にある発行年月日は2017年10月22日、解散総選挙の投開票日だが、実際の発売日は18日で、都内では16日ごろから書店の店頭に並べられていた。

 しかも、その選挙戦最終盤だった18日ごろには、東京と大阪の電車に同書の中吊り広告を掲載。選挙運動が禁止されている投開票日も、少なくとも毎日新聞と日本経済新聞の朝刊に広告が打たれ、「安倍総理は『白さも白し富士の白雪』だ!!」「このままでは国の存立が危うくなる!」「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」「“スクープ”はこうしてねつ造された」などの文言が踊った。このタイミングははたして偶然なのだろうか。

 しかも、ここにきて自民党がこの“安倍擁護・反転攻勢本”を大量に購入し、所属議員や支部などに書面付きで送っていたことが明らかになった。

「フライデー」(講談社)12月8日号が、その書面の画像とともに報じている。記事では、自民党ベテラン秘書が「党が全部で5000部以上購入したそうです」などとコメント。書面には、〈同書では、安倍総理への「森友・加計疑惑」が、一部マスコミによる国を巻き込んでの「冤罪事件」であった全貌を、事実の積み重ねにより分かりやすく実証しております〉との紹介に続き、このように書かれている。

〈つきましては、ぜひご一読いただき、「森友・加計問題」が安倍総理と無関係であることの普及、安倍総理への疑惑払拭にご尽力賜りますようお願い申し上げます〉

 ようするに、同書を使って議員、各支部に“森友・加計学園問題は冤罪”“朝日新聞の報道犯罪だ”とアビールせよという号令をかけたということらしいのだ。しかも「フライデー」の記事によれば、安倍首相と距離を置き、加計問題への対応についても批判している石破茂元幹事長の事務所と代表を務める鳥取県連には、同書は届けられていなかったという。

 こうした経緯を知ると、ますます同書の出版自体が安倍官邸、自民党と、それこそ小川氏の表現を借りれば「共謀」した結果なのではないかと思えてくる。

 そういえば、2012 年の自民党総裁選前に出版された小川氏のデビュー作『約束の日』はベストセラー化で安倍首相再登板の一翼を担ったといわれているが、安倍首相の資金管理団体・晋和会と代表を務める選挙区支部が、政治資金で少なくとも4000部以上も購入していたことが判明している。

 そして今回、自民党は『徹底検証「森友・加計事件」』を定価1500円で5000部購入していたとすれば、単純計算で750万円もの金が一気に版元の飛鳥新社に転がり込んできたことになる。割引があったとしても数百万円にはなったはずだ。

 一方、それに先立つ選挙期間中には、前述したように同書の中吊り広告や新聞広告が大々的に打たれた。雑誌ならまだしも、中堅出版社が単行本の広告で中吊り広告を打つことはめったにない。交通広告を手がける会社が公開している料金表によれば、2、3日の短期でもJR山手線なら約180万円、東京メトロ全線ならば約250万円かかる。その上、新聞広告となれば、合計で少なくとも数百万円の金が必要なはずだ。

 ひょっとして、自民党の大量購入と異例の選挙期間中の広告展開はなにか関係があるのではないか。そんな疑念も頭をもたげてくるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「森友・加計は朝日の捏造」と断定し朝日から抗議を受けた小川榮太郎の安倍擁護本を自民党が大量購入!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Hanada小川榮太郎朝日新聞編集部自民党花田紀凱の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 片山さつきが坂上忍に批判された
17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 安倍首相にマッチョ批判
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄