なぜ安倍首相はここまで身勝手になれるのか? あの芥川賞作家が、そのグロテスクなマッチョ性の正体を洞察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
なぜ安倍首相はここまで身勝手になれるのか? あの芥川賞作家が、そのグロテスクなマッチョ性の正体を洞察の画像1
田中慎弥『美しい国への旅』(集英社)

 無責任かつ自分勝手さをここまで極められるものなのか。安倍首相が臨時国会冒頭に解散する方針を固めた件だ。

 本サイトでは、この解散の裏側には、北朝鮮の危機を煽ることで支持率を回復した安倍首相が加計学園問題の国会追及を封じるだけでなく、森友学園の捜査をも潰す目的があると伝えた。つまり、何度も繰り返してきた「丁寧に説明していく」という国民との約束など心にもない「口からでたらめ」に過ぎず、安倍晋三という人は、ただただ自分の保身のためにしか動かない男であるということだ。

 稀代のエゴイストが総理大臣──。だが、安倍首相のパーソナリティについては、あの芥川賞作家がさらに掘り下げ、興味深い分析をおこなっている。

 その作家とは、2015年に安倍首相をモデルにした小説『宰相A』(新潮社)を発表し、話題を呼んだ田中慎弥氏だ。田中氏は、今年1月に発売した長編小説『美しい国への旅』(集英社)で再び安倍首相を自作のモチーフに選んだ。

 実際、『すばる』(集英社)2017年3月号で、同じく芥川賞作家の柴崎友香氏と対談した田中氏は、同作について「明確なイメージとしてあったのが現在の総理大臣」と話し、つづけてこんなことを言っているのだ。

「あの人の顔が、私には勃起しないペニスにしか見えないというのが、取っかかりのイメージです」

 安倍首相の顔が勃起しないペニスにしか見えない、そのイメージが創作の取っかかりになった──。これは一体、どういうことなのか。いざ『美しい国への旅』を読んでみると、なるほど、その通りだった。

 この小説が「美しい国」という言葉をタイトルに冠していることからも安倍首相を意識していることは明白だが、物語は核兵器を使った戦争により、「濁り」に汚染され荒廃した近未来の日本が舞台という、『宰相A』にも通じるディストピア小説。母を亡くした主人公の少年は、司令官を殺すために彼のいる基地を目指し旅に出るのだが、この司令官こそが、安倍首相をモデルにしていると思われる人物だ。

 司令官は〈首相候補と言われている若き男の政治家〉であり、〈代々政治や軍務に関わって来た名門家系の血筋〉。〈男は現代の政治家として、また輝ける一族の跡取りとして、歴史を逆転させようと考えた、あの兵器による負けを、あの兵器を取り戻すのだと。幸い国民は落ち着きをなくしていた。基地建設に関して積極的に動き回り、金を集め、男は司令官に納まってしまった〉とある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

なぜ安倍首相はここまで身勝手になれるのか? あの芥川賞作家が、そのグロテスクなマッチョ性の正体を洞察のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
3 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
4 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
7 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
8 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
9 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
11 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
12 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 村木厚子氏が中江首相秘書官の圧力の報告を受けていた
16 田母神を担いだ百田、中西の責任
17 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
18 厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
19 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
20 宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
4宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
5小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
6「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
11厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
14DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄