本屋大賞と直木賞をW受賞した恩田陸が新作小説でナショナリズム批判! 「東京オリンピックが決まって、すごく嫌な気持ちに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
本屋大賞と直木賞をW受賞した恩田陸が新作小説でナショナリズム批判! 「東京オリンピックが決まって、すごく嫌な気持ちに」の画像1
恩田陸『失われた地図』(KADOKAWA)

恩田陸が小説を通して批判する「ナショナリズム」と「戦争」

『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げ、恩田陸に注目が集まっている。

 そんな彼女が早くも直木賞受賞後第一作となる小説『失われた地図』(KADOKAWA)を出版した。ミステリー、青春小説、SFなど、幅広い作風でおなじみの恩田陸だが、今回の作品は、国際ピアノコンクールを舞台にした青春群像劇の『蜜蜂と遠雷』とは一転、ナショナリズムが跋扈する現在の日本を風刺する小説だ。

 この物語は、特殊な能力をもった遼平と鮎観という元夫婦の男女を中心に、異界との裂け目から這い出してくる「グンカ」なる化け物と戦うさまを描く。

 物語序盤では、この「グンカ」なる化け物は、茶色がかった軍服に赤い星のついた帽子をかぶっているなど、太平洋戦争中の日本兵の幽霊なのではないかと思わせるような描写があるぐらいで、その姿は謎に包まれているが、ストーリーが先に進んでいくにつれ、「グンカ」は世の中に戦争の機運が高まってくると、地獄から現実の世界に這い出してくるのだということが明示される。

〈「『グンカ』の奴らは、戦争したい、戦争起きればいいのにって思う連中が増えるとその気配を察して、『裂け目』破ってわらわら湧いてくんのよ。人間てのは、じりじりコツコツ暮らすのが嫌な連中が一定数いるわけ。何か起きないか、一発逆転できないか、これまでの世界がチャラにならないかってきょろきょろしてる連中ね。そういうヤツって、しばらくおとなしくしてると飽きてきちゃって、じわじわ数が増えてくんのよね」〉

『失われた地図』は、一話完結型の短編6話で構成されており、主人公たちは1話につき1つの街、錦糸町、川崎、上野、大阪、呉、六本木と、計6つの元軍都の街を転戦していく。

 この作品はもともと、妖怪をテーマにした定期刊行ムック「怪」(KADOKAWA)に連載されていたもので、連載開始号となる「怪」vol.33の発売された2011年7月の時点では、そこまで「戦争」の機運にアンチテーゼを訴えるような内容になる予定ではなかったという。むしろ、変わりゆく町並みを小説のなかに記録しようという、ノスタルジックな思いが執筆にあたってのモチベーションになっていた。ウェブサイト「ほんのひきだし」のインタビューで彼女はこのように語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

本屋大賞と直木賞をW受賞した恩田陸が新作小説でナショナリズム批判! 「東京オリンピックが決まって、すごく嫌な気持ちに」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。恩田陸新田 樹本屋大賞直木賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
2 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
3 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
4 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
5 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
6 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
10 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
11 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
13 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
14 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
18 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
19 TPPで国民を騙した嘘つき安倍政権
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
12五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄