バス旅出演の羽田圭介が新作でテレビの裏側を暴露!『情熱大陸』は「本当の顔が撮れていない」と何度もダメ出し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hatakeisuke_01_170318.png
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に出演する羽田圭介、田中要次、IMALU(テレビ東京HP)


 芥川賞作家の羽田圭介が、テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」新シリーズのレギュラーとなったことが発表された。2015年、『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)で、又吉直樹とともに第153回芥川賞を受賞以来、テレビに引っ張りだことなっている羽田圭介。もはや又吉以上にタレントらしい羽田だが、そんな彼が受賞後に書いた作品としては実質的な第1作目となる、『成功者K』(河出書房新社)が今月10日に発売され、早速大きな話題を呼んでいる。

 この作品の主人公は、芥川賞受賞後、それまでくすぶっていたのが嘘のように大ブレイクし、テレビや講演会などの仕事が引っ切りなしに舞い込んでくるという、明らかに羽田自身をモデルにしていると思われる「K」なる人物。そんな彼は、華やかなテレビの世界で成功をおさめるや否や急に寄ってくるようになった女性ファンを次々と食っていく。テレビ出演のおかげで収入は激増、そして、それ以外の時間は休む暇もなくセックス三昧の日々と、男の夢を具現化したかのような生活を送るのだが、その一方で新たな小説の執筆は遅々として進まず、だんだんと主人公は心身ともにバランスを崩していく……というのがあらすじだ。

 羽田はこの小説について「6割5分が本当の話」(17年3月10日「デイリースポーツオンライン」)と語っているが、確かに、ファンを食い散らかしているくだりは真偽不明としても、作中では芥川賞受賞後からめまぐるしく変わる日々のなかで感じた思い、特に、テレビをはじめとしたメディアに対しての疑念のようなものが生々しく描かれている。

 前述したように、テレビに出るようになったKは、金もモテも手に入れることができ、良いこと尽くめのようにも思えるが、その代償もまた大きい。そのひとつが、一般の人に顔が割れてしまったこと。無防備に繁華街などを歩けば、テレビでのイジられキャラそのままにからかわれたりもする。

 そしてもうひとつが、すべてを自分でコントロールできる小説とは違い、テレビでは自分の発言や行動が編集によってねじ曲げられて伝わってしまうことだ。作中、Kは某有名ドキュメンタリー番組の長期取材に付き合わされ、だんだんとそのスタッフらに敵意をもつようになっていく。小説内で具体的な番組名は明かされないが、後々に出てくる細かい情報から類推して、これは『情熱大陸』(TBS系)のことを指しているのだろう(羽田は15年12月20日放送分に出演している)。

 作中でKは、番組ディレクターから何度も同じ質問を繰り返し聞かれたうえ、「本当の顔」が撮れていないとも告げられ、ドキュメンタリーの撮影は難航する。撮影開始当初は長寿ドキュメンタリー番組の撮影に好意的だったKも、プライバシーの領域にまで入り込まれることが日常化するにつれ、だんだんとドキュメンタリーの制作スタッフにネガティブな感情を抱くようになる。虚実ないまぜの小説ではあるが、ここの描写に関しては羽田自身の本音に近いのではないだろうか。というのも、「文學界」(文藝春秋)17年3月号に掲載された村田沙耶香との対談で羽田は、テレビ上でのキャラづけについてこんな不満を吐露していたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

バス旅出演の羽田圭介が新作でテレビの裏側を暴露!『情熱大陸』は「本当の顔が撮れていない」と何度もダメ出しのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。情熱大陸新田 樹羽田圭介芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
7 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 安倍首相にマッチョ批判
11 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
12 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
13 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
17 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
20 山本太郎を評価せよ!
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄