ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asuka_01_141021.jpg
ASKAセルフカヴァーアルバム『12』(ユニバーサル・シグマ)

「ASKAさんに謝らなくちゃならない」

 12月21日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)で、一連のASKA報道に対し、司会の宮根誠司がこんなふうに謝罪の言葉を述べたことが話題になっている。

 当然だろう。ASKAの2度目の逮捕から、宮根と『ミヤネ屋』はめちゃくちゃな人権無視の報道を繰り返してきたからだ。

 逮捕直前の11月28日、『ミヤネ屋』は、ASKAが芸能レポーターの井上公造に送っていた未発表曲のデモテープを許可なく放送。番組終了後には、その井上に逮捕約5時間前のASKAの携帯電話に直接連絡させ、引き継いだ宮根誠司が巧妙に話を聞き出し、それをそのまま翌日29日の放送で「独占スクープ ASKA容疑者逮捕直前の激白」と題して流している。

 さらに12月4日には、『Mr.サンデー』(フジテレビ)でASKAの父親を直撃、司会の宮根は「息子さんは残念ながら覚醒剤を使用してらっしゃると思いますよ」などと断定し、父親を非難した。

 しかも、宮根はASKAが嫌疑不十分での不起訴、釈放になった翌日である20日放送でも、謝罪するどころか冒頭から不満そうな顔をして、開き直ったようにこう言い放った。

「あの逮捕劇はなんだったんでしょうか」

 挙げ句、宮根は尿検査の結果が陽性だったことを繰り返し主張し、今回の結果はあくまで警察のなんらかの手続きミスであり、自分たちの報道はなんら間違ったものではないと強調さえしたのだ。

「なにが起こったのかまったくわからない」
「(科捜研で)陽性が出たのだから普通は尿だ」
「まったく理解できない」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
5 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
6 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
9 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
13 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
16 最強肉食女子・深田恭子を見習え
17 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
18 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄