成宮寛貴の引退宣言で強まる「フライデー」批判 でも引退に追い込んだのはテレビ報道のほうだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 なぜ、逮捕されたわけでもない成宮の薬物疑惑を、今回、テレビが取り上げたのか。それは本サイトでも既報の通り、成宮が所属するプロダクション・トップコートが“芸能界の後ろ盾”の弱い事務所だったからだ。さらに、トップコートは中規模ながらも現在、人気絶頂の菅田将暉や圧倒的な好感度を誇る杏といった売れっ子を抱え、破竹の勢いにある。これを大手芸能プロは疎ましく見ており、今回の成宮の「疑惑」発覚によって潰しにかかろうとしていた、という声も業界内では囁かれている。

 一方、いつもは大手芸能事務所に頭の上がらないテレビ局も、そうした大手の動向を察知。しかも、ASKAや清原などの“薬物事件報道”が数字をもっていることは経験済みで、「疑惑」段階であるにもかかわらず「フライデー」の後追いに踏み切った。テレビ局は成宮の事務所の“力の弱さ”につけ込んだのだ。

 前回の記事でも述べたが、2008年に「週刊現代」(講談社)は、嵐・大野智の“大麻3P疑惑”を報じたことがあった。記事では、大野とカラオケボックスで同席した女性が、参加者の取り出した大麻を大野が「面白いねぇ~」と言いながら楽しげにそれを吸ったこと、その後、カラオケボックスを出て女性2名と3Pとなったことなどを告白。しかも、大野があきらかに“イってる”目つきで女性と写っている写真も掲載され、その内容はある意味、今回の「フライデー」の成宮記事よりも生々しいものだった。

 だが、このとき、大野の大麻疑惑を報じたテレビ局は一社もない。スポーツ紙も東京スポーツのみが後追い記事を出しただけだ。もちろん、「週刊現代」が出たあとも、大野がテレビ出演を見合わせるなんてことは一切なかった。

 これは、清原のケースでもほとんど同じだった。「週刊文春」が覚醒剤使用疑惑を暴き、警察が内偵を続けているという情報がマスコミで流れても、テレビ局は清原がバーニング系の大手芸能プロダクション・ケイダッシュの“所属扱い”だったことから問題視せず、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)をはじめとして清原を番組に出演させてきた。また、いよいよ警察が清原を逮捕することをキャッチした各テレビ局は清原を隠し撮りして徹底マークしたが、このときもケイダッシュからの抗議を恐れ、逮捕までは一切、疑惑を報じることはなかった。報道そのものを、テレビ局は「なかったもの」として扱ったのだ。

 成宮の場合も、「フライデー」のスクープだけならば、ネット上で記事が拡散されるようなことがあっても、大野や逮捕前の清原のときのようにテレビ局が無視を決め込んでいれば、これほどの大騒動になっていなかったのは確実だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

成宮寛貴の引退宣言で強まる「フライデー」批判 でも引退に追い込んだのはテレビ報道のほうだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄