ホリエモンとの性的関係、3Pを報道された「女装男子」大島薫が語っていた、新しいかたちのエロス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
horie_ooshima_161208_top.jpg
左・堀江貴文『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)/右・大島薫『ボクらしく。』(マイウェイ出版)


 今日発売の「週刊文春」(文藝春秋)2016年12月15日号で、ホリエモンこと堀江貴文の熱愛ゴシップ記事が掲載された。

 しばしばモデルやタレントなどとの熱愛が報じられる彼だが、今度の相手はカリスマ「女装男子」として有名な大島薫。記事ではほんの少ししか触れられていないが、大島は性転換手術も、女性ホルモンの投与も受けていない、いわゆる「ノンホルノンオペ」の状態でAV「女優」としてアダルトAVメーカーと専属契約を結ぶという異例の経歴をもつ人物だ。

 しかも、記事では、ホリエモンが元有名女性アイドルグループに所属していたAと大島薫で3Pをしていたこと、その詳細が日付を特定されるかたちで明らかにされている。

 ふだん、ホリエモンの新自由主義思想には批判を繰り出している本サイトだが、この“熱愛報道”には好感をもった。既成概念にとらわれないホリエモンのこと、恋愛においてもジェンダーを乗り超えて、新しいかたちのエロスを追い求めたのだろう、と。

 しかし、ホリエモン、そのわりには今回の一件ではどうも逃げ腰になっている。「相手が男性か女性かとか関係ないじゃん」みたいないつもの堀江節をきかせてくれると思ったら、「文春」の取材には一切答えず、電話を切ってしまったらしい。

 一方、大島は直撃にとまどいながらも「同性でも愛情はある」と言い、ホリエモンとのセックスや3Pをはっきりと認めていた。

 当然だろう。彼にとっては何ら恥ずべきことでもないからだ。当サイトでは以前、大島のエッセイ集『ボクらしく。』(マイウェイ出版)を取り上げ、大島がどんな考えをもち、そしていかなる努力でジェンダーの壁を越えようと挑戦してきたかを紹介したことがある。ここに再録するので、この機会に大島薫とはいかなる人物か、是非とも知ってほしい。
(編集部)

********************

 性転換手術などは受けておらず、タマもサオもある。女性ホルモン投与もしていないし、豊胸手術もしていない、「男性」だけれども、AV「女優」。しかも、及川奈央をはじめ伝説的な女優も在籍し、現在でも友田彩也香・桜井あゆなど人気女優が在籍する大手AVメーカー「KMP」で専属AV女優契約をしていた「男」がいる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ホリエモンとの性的関係、3Pを報道された「女装男子」大島薫が語っていた、新しいかたちのエロスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ホリエモン大島薫田中 教編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
2 マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
3 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
7 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
8 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
9 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
10 稲垣、草なぎ、香取がJタブーをポロリ
11 吉村洋文知事は5月に30本のテレビに出演していた
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
14 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
15 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
16 田崎とケントに自民党からカネが!
17 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
18 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
19 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
20 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
4名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6菅と河野が嘯く「ワクチン9月完了を合意」は嘘!実際はファイザーCEOに相手にされず
7NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13マリエ問題で出川はCMゼロも…松本人志も公の電波で枕営業を煽る発言
14小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄