能年玲奈主演のアニメを町山智浩ら映画通がこぞって大絶賛! でもマスコミは能年の元事務所の圧力で一切無視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
konosekainokatasumini_161026.jpg
『この世界の片隅に』公式サイトより


 能年玲奈改めのんが主演声優を務めるアニメ映画『この世界の片隅に』が今月12日に公開された。先日当サイトでも報じたが、在京キー局のテレビ番組では能年や監督が出演してのプロモーションはほとんど行われていない。それどころか、今年8月、『この世界の片隅に』の主演声優としてのんの名前が発表された際、『めざましテレビ アクア』(フジテレビ)へののんの出演が一旦告知されながら、実際の放送に彼女の姿はなかったという騒動も起きている。

 こうした不可解なテレビでの扱いの背景には、もちろん能年の元所属事務所であるレプロの存在がある。テレビ局やスポーツ紙、一部の週刊誌は、レプロの抗議とそのバックにいるバーニングを恐れて、この映画をタブー扱いしているのだ。

 そんな逆風のなか公開にいたった『この世界の片隅に』だが、プロモーション上のハンデを跳ね返すかのように、じわじわと話題を集めている。満席となる映画館も多く、公開館数はわずか63館という小規模ながら全国映画動員ランキングの10位に入っているのだ。これは、試写の段階からこの作品の評判がすこぶる良かったことが大きい。実際、うるさがたの映画評論家や映画ファンもこぞってこの映画を大絶賛している。

 映画評論家の町山智浩は今月1日放送『たまむすび』(TBSラジオ)内の映画評論コーナーで「今年の町山大賞」と語り、今年ベスト級の作品であると絶賛。映画監督の松江哲明もウェブサイト「リアルサウンド」のなかで〈いま生きている現実と地続きで戦争をイメージできる傑作〉と激賞している。大槻ケンヂは「映画秘宝」2016年12月号(洋泉社)で「今までにないタイプの戦争映画ですね。これは文句なしの傑作よ!」と語り、また、水道橋博士はこんなツイートで『この世界の片隅に』を誉め称えている。

〈11月12日公開。『この世界の片隅に』〜昭和20年、広島・呉。戦時下の台詞が現代にも通じている。-------------「みんなが笑うて暮らりゃあええのにねぇ」「ほんまですねぇ」---------国民の娘である女優のんa.k.a能年玲奈が声と命を吹き込む渾身の一作。〉
〈11月12日公開『この世界の片隅に』が息を呑む傑作――。昭和20年の呉を舞台に。あの訛りのイントネーション。そして田舎の暮らしのディテイル。倉敷育ちのボクにはノスタルジーそのもの。そして、主人公の「すず」よ!その面影、描線の若き乙女に命の息を吹き込む貴方の「君の名は。」……のん。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈主演のアニメを町山智浩ら映画通がこぞって大絶賛! でもマスコミは能年の元事務所の圧力で一切無視のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。この世界の片隅に新田 樹町山智浩能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
2 NHK朝ドラ『スカーレット』と朝鮮人強制労働
3 安倍首相がラグビー南アフリカ戦で「夢のような一ヶ月間」とツイート
4 台風被害のさなかに天皇の即位礼強行! 式典予算は160億円
5 即位パレード延期は天皇の意向、官邸は強行するつもりだった
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
9 視聴率3.7%『いだてん』が日本の中国での戦争加害に言及!
10 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
11 佐藤浩市をフェイク攻撃した安倍応援団が批判殺到で逃亡
12 台風19号の避難所になった「朝鮮学校」インタビュー
13 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
14 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 『笑点』が安倍批判ネタを連発して炎上!
17 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
18 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
19 『百田尚樹『殉愛』の真実』の宝島社が『日本国紀』の検証本を出版
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄