ノーベル賞から逃亡? ボブ・ディランの珍言録! 10年前にはあのドナルド・トランプを絶賛する発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 彼が時事問題や社会問題をストレートに扱った「プロテストソング」から、こうした作風に激変したきっかけは、当時の恋人だったスージー・ロトロに薦められた象徴主義の詩人アルチュール・ランボーとの出会いだったという。彼は『ボブ・ディラン自伝』(菅野ヘッケル・訳/ソフトバンククリエイティブ)にこう綴っている。

〈スージーに教えられてフランスの象徴派の詩人、アルチュール・ランボーの詩を読むようになった。これも大きなことだった。そして「わたしはべつのだれかである」という題の彼の書簡を知った。このことばを見たとき、鐘が一気に鳴りはじめた。ぴったりのことばだった。どうしてもっと早くにだれかがそう言ってくれなかったのかと思った。〉

「わたしはべつのだれかである」──この言葉に触発されて、彼は多角的で重層的な言葉を駆使するようになった。1965年のアルバム『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』リリース時にはこういった発言を残している。

「これまでは、いわば「一次元的」な歌をうたってきた。今度の歌は「三次元的」なものにしようと思った。象徴的な表現も多く使って、多層的な歌を書いた」(『ボブ・ディラン 自由に生きる言葉』クリス・ウィリアムズ・編/夏目大・訳/イースト・プレス)

 しかも、ディランに特徴的なのは、自分の音楽に対するこうした解説や分析からも徹底して距離を置こうとしてきたことだ。2006年のインタビューで彼はこう語っている。

「ポピュラー・ミュージックが生きものであるということをきちんと理解している批評家がいない。俺に関する共通認識はソングライターだということだけだろう? それからウディ・ガズリーの影響を受け、プロテストソングをまず歌い、それからロックンロールを歌い、その後一時期宗教音楽を歌っていたということだろ? でもそれは固定観念でしかない。メディアによって作り上げられた虚像だ。でも俺が公人である以上、それを避けることはできないだろうけどね」(『完全保存版 ボブ・ディラン全年代インタヴュー集』インフォレストより)

 いや、この発言など、まだマシなほうかしれない。ディランは、そもそもロックミュージシャンのなかでも屈指のインタビュアー泣かせとして知られているが、彼のインタビューを読むと、とにかく記者の質問にまともに答えているものがほとんどないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ボブ・ディラン自伝

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ノーベル賞から逃亡? ボブ・ディランの珍言録! 10年前にはあのドナルド・トランプを絶賛する発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トランプ大統領ノーベル平和賞ボブ・ディラン新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
2 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
3 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
4 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
5 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
6 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
7 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
8 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
9 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
10 菅長官の古賀攻撃オフレコメモ!
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
12 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
13 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
14 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
15 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
18 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
19 AKBから「名誉毀損」の恫喝メール
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
2大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
3吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
4菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
5コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
6検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
7 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
8菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
9安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
13「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
14『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
16小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄