ノーベル賞から逃亡? ボブ・ディランの珍言録! 10年前にはあのドナルド・トランプを絶賛する発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 彼が時事問題や社会問題をストレートに扱った「プロテストソング」から、こうした作風に激変したきっかけは、当時の恋人だったスージー・ロトロに薦められた象徴主義の詩人アルチュール・ランボーとの出会いだったという。彼は『ボブ・ディラン自伝』(菅野ヘッケル・訳/ソフトバンククリエイティブ)にこう綴っている。

〈スージーに教えられてフランスの象徴派の詩人、アルチュール・ランボーの詩を読むようになった。これも大きなことだった。そして「わたしはべつのだれかである」という題の彼の書簡を知った。このことばを見たとき、鐘が一気に鳴りはじめた。ぴったりのことばだった。どうしてもっと早くにだれかがそう言ってくれなかったのかと思った。〉

「わたしはべつのだれかである」──この言葉に触発されて、彼は多角的で重層的な言葉を駆使するようになった。1965年のアルバム『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』リリース時にはこういった発言を残している。

「これまでは、いわば「一次元的」な歌をうたってきた。今度の歌は「三次元的」なものにしようと思った。象徴的な表現も多く使って、多層的な歌を書いた」(『ボブ・ディラン 自由に生きる言葉』クリス・ウィリアムズ・編/夏目大・訳/イースト・プレス)

 しかも、ディランに特徴的なのは、自分の音楽に対するこうした解説や分析からも徹底して距離を置こうとしてきたことだ。2006年のインタビューで彼はこう語っている。

「ポピュラー・ミュージックが生きものであるということをきちんと理解している批評家がいない。俺に関する共通認識はソングライターだということだけだろう? それからウディ・ガズリーの影響を受け、プロテストソングをまず歌い、それからロックンロールを歌い、その後一時期宗教音楽を歌っていたということだろ? でもそれは固定観念でしかない。メディアによって作り上げられた虚像だ。でも俺が公人である以上、それを避けることはできないだろうけどね」(『完全保存版 ボブ・ディラン全年代インタヴュー集』インフォレストより)

 いや、この発言など、まだマシなほうかしれない。ディランは、そもそもロックミュージシャンのなかでも屈指のインタビュアー泣かせとして知られているが、彼のインタビューを読むと、とにかく記者の質問にまともに答えているものがほとんどないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ボブ・ディラン自伝

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ノーベル賞から逃亡? ボブ・ディランの珍言録! 10年前にはあのドナルド・トランプを絶賛する発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トランプ大統領ノーベル平和賞ボブ・ディラン新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
2 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
3 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
4 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
6 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
7 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
10 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
11 大震災を予言した霊能師の幻の書
12 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
13 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
14 「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
15 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
16 新しい地図の番組『ななにー』に吉村知事出演でSMAPファンが抗議!
17 安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
18 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
19 キンコメ高橋が法廷で母親の自殺を告白
20 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
1河井克行・案里事件で検察の捜査が安倍首相の地元事務所も捜査対象に
2安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
3橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5検品したアベノマスクにまだ「虫」が…作家で医師の海堂尊が画像公開
6河井夫妻逮捕後の安倍会見に唖然!幹事社フジのアシスト以外質問なし
7小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9フジ産経の世論調査のインチキは“架空回答”だけではない!そのペテン手口
10「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
11 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
12 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
13安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
16マスコミはなぜ水原希子への差別攻撃を放置するのか!
17小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
18『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
19久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
20渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄