改憲勢力3分の2で安倍首相が膳場貴子や池上彰にキレ気味で本音「改憲はもうイエスかノーかの段階じゃない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、失望する必要はない。たしかに、今回の参院選で与野党の議席は過半数を大きく超え、おおさか維新や日本のこころ、無所属も含めた改憲勢力は3分の2を超えた。

 だが、一方で、野党共闘は御用マスコミの言うように「不発に終わった」わけではない。2013年の参院選では31の一人区で非自民が獲得したのはわずか2議席だったが、今回は32の一人区のうち11の選挙区で議席を確保し、当初、確実視された自民党の単独過半数をぎりぎりのところで阻止した。そして、福島、沖縄という日本のなかでいちばん犠牲になっている2つの選挙区では、安倍内閣の現職閣僚が揃って落選した。これは旧民主党がぼろ負けした2012年の衆院選で閣僚8人が落選して以来の事態だ。

 マスコミ、とくにテレビが安倍政権の宣伝装置と化し、一切の批判を封印しているなかで、この結果は大きな前進といえるだろう。

 そういう意味で言うと、わたしたちがいま、もっとも気をつけなければいけないことは、御用マスコミによる「野党共闘は失敗だった」という扇動に乗らないことだ。むしろ、安倍政権と民進党内にある保守派の動きを細かく注視し、野党が切り崩しに屈さないよう、声を大にして発破をかけることだ。そして確実に言えるのは、なんとなく改憲をよしとする空気感をつくり出そうとしている安倍政権のやり方に決して乗らない、ということだ。

 法を護ろうと考える過半数以上の国民にとって、本当の戦いは今日から始まっている。
(編集部)

最終更新:2016.07.11 01:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

改憲勢力3分の2で安倍首相が膳場貴子や池上彰にキレ気味で本音「改憲はもうイエスかノーかの段階じゃない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三憲法選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍内閣「日本会議」の目的は徴兵制
6 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
7 れいわ・大石あきこがNHK『日曜討論』で吉村批判、足立議員も一蹴
8 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
9 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
10 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
11 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
14 安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
16 伊集院静を読むオジサンは嫌われる!?
17 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
20 代理出産、生殖ビジネスのトラブル
1安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
2岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄