参院選直前企画⚫極右候補者ガイド(前編)

徴兵制、生存権否定、ヘイトデマまで…参院選・極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 星3つの政治家は誰だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■ヘイト御三家もバラバラに…ネトウヨに頼った極右政党の最期
☆☆☆ 西村眞悟&中山成彬(日本のこころを大切にする党/比例)

 2014年の衆院選で大敗を喫した次世代の党が、日本のこころを大切にする党と名前を変えてリニューアルしたはいいものの、比例でかろうじて1議席を取れるかどうかという極めてキビシイ状況。まあ、ネトウヨ頼りの選挙戦という時点でハッキリ言って終わっているのだが、しかし、やはり「ウヨミシュラン」ともなれば、この方々を無視するわけにはいかないだろう。

 中山成彬氏といえば、08年9月に麻生内閣の国土交通大臣に就任したと思ったらわずか4日で辞任したことで有名。原因は「(成田空港反対派の住民は)ごね得」「日本は単一民族」「日教組の強いところは学力が低い」というトリプル暴言。近年でも「自分の子や近所の娘が連行されるのを黙って見ていたのか。そんなに朝鮮人は弱虫だったのか」など、差別主義丸出しの発言を連発している。

 同じく“ネトウヨの神”こと西村眞悟センセイといえば、もう何度も繰り返すのもアレではあるが、小渕内閣での防衛政務次官時代に雑誌のインタビューで「集団的自衛権は『強姦されている女を男が助ける』という原理ですわ」「柔らかい乗り物(女)には乗れませんけど、カタイ乗り物には乗り放題ですわ」などと放言。ちなみに、去年の年末には『国家の覚醒 天壌無窮、君民一体の祖国日本』なるイカツイ表題の本を展転社から上梓したが、やはり内容はお察しのとおりだ。

 当然、この2人はあまりにもレベルが高すぎて「ウヨミシュラン」でも☆3つの殿堂入りである。しかし、本サイトとして気になるのは、やはり「日本のこころ」という党の行く末だ。かつての同志である平沼赳夫センセイは離党、石原慎太郎センセイは引退、そして田母神俊雄センセイは逮捕。“ヘイト御三家”と呼ばれた重鎮が次々いなくなり、今回の選挙でもかなりの苦戦が伝えられている。

 あれだけネトウヨのこころを熱くさせた、たちあがれ日本→次世代の党→日本のこころという極右政党の系譜は、完全に終焉に向かいつつあるということだろう。ここは大好きな武士道精神とやらで、とっとと潔い幕引きを願いたいところだ。


■日本会議ご推薦!自作のトンデモ憲法前文で「脳内お花畑ぶり」を発揮!
☆☆☆ 山谷えり子(自民党/比例)

 自民党のなみいる極右候補者のなかで、最も存在感を発揮しているのはやはりこの人、山谷えり子氏だ。在特会との蜜月写真も記憶に新しく、日本会議も組織として推薦することを明かしている(「週刊ポスト」6月24日号/小学館)。

 山谷氏と言えば、本サイトでも何度も指摘しているように、トンデモ教育理論「親学」の推進やジェンダーフリーバッシングが有名だ。とくに望まぬ妊娠を“自己チュー”の一言で済ます感覚はもはや常軌を逸している。

〈子どもは男女がご縁で結ばれて授かる、掛け替えのない存在でしょう。ところが教科書では中絶を女性の自己決定権、基本的人権という言葉で正当化するのです。何という浅はかなエゴイズムなのだろうか〉(「正論」14年8月号)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

徴兵制、生存権否定、ヘイトデマまで…参院選・極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 星3つの政治家は誰だ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法編集部選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
7 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
8 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
12 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
13 山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
14 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
15 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
16 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
18 ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
19 川島なお美が近藤誠の診断を告発
20 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
1西村大臣の飲食店圧力に菅首相が同意!撤回後も国税が圧力、一時支援金拒否
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
4聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
5 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
6東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
7五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
8 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
14きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
15NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄