清原、野村のシャブだけじゃない! 自己破産、詐欺、自殺、強盗殺人まで…引退後に転落した元プロ野球選手たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、覚せい剤といえば、江夏豊も1993年、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されている。輝かしい成績を残し球界を去った後、日本テレビで野球解説者などをしていたが、引退後の心の空洞は埋められなかった。実刑判決を受け服役することになるが、出所後は完全復帰。現在は野球評論家として雑誌に連載をもったり、阪神の臨時コーチを務めるなどしている。

 引退後に転落するケースとして最も多いのが、お金に関するトラブルを抱えてしまうことだ。若い時に多額の収入を手にする彼らが、引退後に狂ったその金銭感覚を戻すことは難しい。また、大金をもつ彼らに悪意をもって近づく者も多く、不動産業などに手を出して失敗、抱えきれない借金を抱えることが少なくない。

「空白の一日」事件で巨人から阪神にトレードされた小林繁もそのひとり。現役引退後は、スポーツキャスターを務めたり、さわやか新党から参院選に出馬するなどの活動で知られていたが、一方、高級クラブや北海道料理店の経営、自動車販売や不動産賃貸といった事業にも手を出していた。これらの事業はバブル崩壊とともに傾き、借金は10億にもおよんだとされている。2003年には自己破産申請を行った。晩年には、日本ハムの二軍投手コーチに就任するなど球界に復帰するが、10年に心不全で生涯を閉じている。57歳の若さだった。

 借金を抱えた事例としては、飲食店経営の不振で多額の借金をつくった掛布雅之、飲食店経営に乗り出していたものの病気で継続が困難になり自己破産にいたってしまった香川伸行などの例もあるが、これらとは違い、金銭問題から犯罪に手を染めてしまった例もある。

 まずは、阪神、オリックスの塩谷和彦。引退後は、不動産会社を経営していたが、投資などに関する詐欺の疑いで逮捕、実刑判決を受けている。

 横浜ベイスターズに所属していた山根善伸も、亡くなった同級生の妻から金をだましとったとして、詐欺の容疑で逮捕されている。彼は引退後、暴力団幹部になったとされており、05年には経営している風俗店でトラブルが発生。売春防止法違反容疑でも逮捕されている。

 また、殺人を犯してしまった元プロ野球選手もいる。ロッテの小川博は、勤めていた産業廃棄物処理会社の会長宅に押し入り、175万円を奪ったうえ、留守番をしていた女性を殺害したとして逮捕された。引退後はロッテに残り、コーチや編成部で働いていたが、離婚にともなう慰謝料などによる金銭問題が絶えなかった。03年には自己破産。球界からも離れ、前述の産業廃棄物処理会社に就職するが、それでも借金苦からは抜け出せず事件にいたってしまった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

清原、野村のシャブだけじゃない! 自己破産、詐欺、自殺、強盗殺人まで…引退後に転落した元プロ野球選手たちのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄