ストリートチルドレンから銀座のホステスになった女性が告白する壮絶人生! 清原和博やワコール社長のことも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「あのね、あんたも、もうこの家にいるよりは外に居て、友達といるほうが楽しいんじゃないの? 実は、ミッチ(義母)は妊娠しているんだ。おまえがいると腹の子が心配だ。どこか、友達の所でも行ったらどうだ。もう、この家から出て行ってくれ」

 若い再婚相手に泣きつかれた父親は、何のあてもない13歳のわが子を無一文で放り出した。しかも娘が勝手に家出したと世間体を繕うためにアパートを借りてくれることもなかったという。

 友達のあてなどもちろんない。こうして行き場を失ったマリカは13歳で”浮浪児”となり街を彷徨うことになる。

 その間、路上で焼肉を食べないかと誘ってきた男の車に乗りどこかに連れ去られそうになったり、工事中のビルを探して中で眠ったり。あまりの空腹にパンを万引きし、残飯をあさることもあった。

「本当にお腹が空き過ぎて、生命の危機を感じた時にひらめいたのが、オートロックのないハイツやアパートや団地に忍びこむことだった。(略)日本人のマナー意識や衛生概念も今ほどではなくて、出前の食べ残しをそのままの状態で玄関先に放置している部屋が多数あったのだ。その、誰のものとも知らない残飯を食べて生き延びた」

 現在の子供の貧困、社会問題化するネグレクトの原点を見るようだが、しかしマリカの特筆すべき点は、その後、様々な人々との出会いを糧に、その運命を自力で切り開いていったことだろう。

 浮浪児となった13歳のマリカは、街を彷徨った後、知り合いのつてもあり年齢をごまかしてミナミのホステスとなり、200万円ものバンス(前借り)と家を確保することに成功する。だがほどなく仕事をさぼるようになったマリカは追い込みをかけられるが、「黒服の帝王」と言われる人物やクラブを任されていた潤子ママ、そして後に脱税で逮捕されることになる年上の“愛人”などと出会い、どうにか生き延びていくのだ。もちろんそれは様々な大人の欲望に巻き込まれながらだったが。

「当時はまったく気が付かなかったが、きっとあたしは、自分の知らないうちに、借金を自分の身体で返済していたのだろう」

 その後も鑑別所送りになったり、46歳くらいの年上男との性愛に溺れるなどの10代とは思えない波瀾万丈の生活を送るマリカだが、そんな生活から抜け出すため、16歳の時、東京に出ることを決意する。そこではさらなる衝撃的出会いがあった。

 上京のため新幹線に乗ったマリカは偶然隣の席に座った男性から声をかけられ、ブラジャーのメーカーを聞かれた。
〈「ええと、今日はワコール」
「ええー、ほんまかいな」
「……ほんまですよ。それが何ですか」
「いやあ、ほならちょっと背中触らせてくれる? ホックのとこ」〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新品本/不死身の花 夜の街を生き抜いた元ストリート・チルドレンの私 生島マリカ/著

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ストリートチルドレンから銀座のホステスになった女性が告白する壮絶人生! 清原和博やワコール社長のことも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
3 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
4 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
5 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
7 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
8 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
9 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
11 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
12 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 村木厚子氏が中江首相秘書官の圧力の報告を受けていた
16 田母神を担いだ百田、中西の責任
17 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
18 厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
19 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
20 宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
4宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
5小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
6「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
11厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
14「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄