東京五輪で一掃? 「エロ本」消滅危機の中、80年代エロ本が生んだ濃密なアングラカルチャーを懐かしむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 彼の批評精神とはどのようなものであったのか。それは、東良美季による以下の発言に集約されている。

〈当時のピンク映画雑誌には村井実とか、川島のぶ子というライターがいましたが、奥出さんはその人たちにとても嫌悪感を持っていた。彼らは「ピンク映画はそもそも下劣なものである」という観点から書いていたからだったそうです。「村井実のインタビュー記事は、俺はとことん厭なんだ」「なぜ厭なのかと言えば、シモネタしか聞かないからだ」と話していました〉

 インタビュー企画ひとつとっても、女優のライフストーリーに迫るなど、エロを「カルチャー」と捉えて深く切りこんでいく。「ビデオ・ザ・ワールド」がこのような姿勢をとっていくにあたっての思いを前述の中沢社長は次のように語っている。ちなみに、中沢社長は「ビデオ・ザ・ワールド」の初代編集長でもあった。

〈それはまあ、AVもちゃんとした作品なんだからさ、作品として観るか単なるマスカキのネタと思うかで違うんだろうけど、作ってる人達は一生懸命作ってるんだろうから、観る側もちゃんと批評すべきだと、俺は単純にそう思ったんだよね〉

「ビデオ・ザ・ワールド」の熱量溢れる批評は読み物としてすさまじいパワーを放つ。当時、中沢社長は「すっかり過激派の機関誌みたいになっちゃったよお」とこぼしていたらしいが、その濃い誌面に魅せられ、村上龍、田中康夫、宅八郎、高橋源一郎といった錚々たる面々が愛読誌であることを公言する雑誌へと成長していく。

 しかし、これまで紹介してきた雑誌以上に、「エロ本は何をやってもいい」という自由を謳歌したのは、自販機本の世界だ。東良は本書のなかで「エロ本は、雑誌のパンクだと思った」と語っているが、それを最も体現しているのが自販機本だと言える。

 そのなかでも特別な存在感を誇るのが「Jam」(エルシー企画)、そしてその後継である「HEAVEN」(ヘヴン・エクスプレス)だった。これらの雑誌には、山口百恵のゴミ漁りを行い誌面でファンレターや使用済みタンポンを公開するといった鬼畜企画、高杉弾、山崎春美、鈴木いずみといったライター・作家の文章のほか、渡辺和博、蛭子能収のヘタウマ系漫画も軒を並べた。誌面は一般の雑誌には決して載らない、パンク・カルト映画などのアングラな情報で溢れていた。これでも、ジャンルは一応「エロ本」である。

『エロ本黄金時代』に自販機本の解説文を寄稿しているばるぼら氏は、自販機本についてこのような言葉を残している。

〈もともと購入時は表紙以外は手掛かりのない性質ゆえに、「エロ写真さえ載せておけばモノクロページは(どうせ誰も読まないから)好きに作っていい」という編集者の意識が如実に表れた、読者のことなど何も考えていない自販機本のはじまり。「もう書店で文化は買えない」と宣言した路地裏の革命がここにある〉
〈自販機本こそ、日本の出版史に残る汚点、いや分岐点だった。ここを境に編集者は「いかに求められていないことをするか」という遊びを読者に挑戦するようになってしまった〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東京五輪で一掃? 「エロ本」消滅危機の中、80年代エロ本が生んだ濃密なアングラカルチャーを懐かしむのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田中 教雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が日本学術会議の会員任命で安保法制を批判した学者を拒否する暴挙
2 菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
3 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
4 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
5 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
6 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
9 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
10 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
11 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
12 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
16 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
17 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
18 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
19 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
20 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
4菅首相が総理番記者60人と朝食付きで「完全オフレコ懇談会」
5菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅首相が日本学術会議の会員任命で安保法制を批判した学者を拒否する暴挙
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
19産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄