安倍首相が「週刊現代」に異例の強硬抗議! 朴大統領の前で「ろれつ回らず」と書かれヒステリー? それとも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_151116.jpg
首相官邸ホームページより


 安倍首相がまたまたメディアに圧力をかけた。今度は、テレビや新聞ではなく11月9日発売の「週刊現代」(講談社)11月21日号に対して、だ。

 同誌は11月2日にソウルで行われた朴槿恵大統領との初の日韓首脳会談について「安倍晋三首相「朴槿恵の前で大失態」一部始終」と題した特集を掲載。少人数で行われた朴大統領との会談中、健康状態のせいか安倍首相のろれつが回らず、醜態をさらしたと報じていた。

 それは、まさに朴大統領が従軍慰安婦問題について滔々と持論を述べた後だったという。「週刊現代」はこう書いている。

〈続いて朴槿恵大統領の真向かいに座る安倍首相が発言する番になった。
『ええ、わが国といたしましても……』
 安倍首相は、必死に語りかけようとするが、ろれつが回らなかった。
 韓国の外交関係者が明かす。
「朴大統領と安倍首相の慰安婦問題を巡る応酬の中で、『異変』が起こったのです。韓国側の参加者の話によれば、安倍首相の顔はみるみるドス黒くなっていき、とても健常者には見えなかったそうです」〉

 この事態に、同席していた岸田文雄外相などが必死に取り繕ったのだが、その様子はまるで6年前の故・中川昭一財務相(当時)の酩酊会見と似たような状況だったと「週刊現代」は報じている。そして、同誌は韓国の外交関係者のこんな証言を紹介する。

「結局、慰安婦問題を話し合う少人数会談は、予定の30分を大きく超えて1時間になりました。それは日韓双方で慰安婦問題に関して、突っ込んだ話をしたからだという発表になっています。
 しかし一番の理由は、突然、朦朧とした表情になり、言葉も不自由になった安倍首相の体調異変だったとも言えるのです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

安倍晋三とは何者か?―日本の仕組みをつくり変える政治家の正体

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が「週刊現代」に異例の強硬抗議! 朴大統領の前で「ろれつ回らず」と書かれヒステリー? それとものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨安倍晋三の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
2 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
6 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
7 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
8 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 X JAPAN、TAIJIの死の謎
13 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
14 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
15 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
19 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄