SEALDs奥田愛基が国会公聴会で「政治家である前にひとりの個人として考えて!」と切実な訴え! でも政治家たちは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
minshushugittenanda_01_150915.jpg
SEALDsの奥田愛基氏が国会に!(画像は『民主主義ってなんだ?』河出書房新社より)

「もう、この議論の結論は出ています。今国会での可決は無理です。廃案にするしかありません」

 本日、国会で安保法制にかんする中央公聴会が開かれ、SEALDsのメンバーである大学生の奥田愛基氏が民主党選任の公述人として出席。約15分にわたって意見を述べ、冒頭のように廃案を迫った。

 いまや反対デモの“顔”ともいえる奥田氏の国会登場に、公聴会開始前からネット上では大きな注目が集まっていた。Twitterのトレンドワードにも「#がんばれオークダーキ」と応援ハッシュタグがランクインし、NHKへは公聴会の放送を求める声が殺到。しかし、NHKは放送しなかったため、参院のインターネット放送に多くの人びとがアクセス。生中継を行ったニコニコ生放送では16時30分現在で約5万7000もの数字になっている。7月に安倍晋三首相がニコ生に出演した際には入場者数が1万人を切ることもあったことを考えると、世間の関心は安倍首相<SEALDsとなっているのだろう。

 そして、肝心の奥田氏の公述は、多くの国民の思いを代弁する熱のこもったものだった。

 まず、6人の公述人のうち、最後のトリを務めた奥田氏は、初っ端から「さきほどから寝ている方がたくさんおられるので、もしよろしければですね、お話を聞いていただければと思います」とジャブ。中継では議員席が映ることがなかったためわからなかったが、この期に及んで居眠りする議員がいるらしい。

 また、世論調査の結果に法案へ反対する意見が拡大していることは表れているとし、政権および賛成派が喧伝する“安保法制はすでに昨年末の選挙で争点になっており、民意は得ている”というトンデモ論にも、このように切り込んだ。

「選挙のときに集団的自衛権にかんしてすでに説明したとおっしゃる方々もいます。しかしながら、自民党が出している重要政策集では、アベノミクスにかんしては26ページ中8ページ近く説明されていましたが、それに対して、安全保障関連法案にかんしては、たった数行でしか書かれていません。菅官房長官は、昨年の選挙でも『(安保は)争点ではない』と言っています」

 その上で、奥田氏は国民無視の国会審議に異議を唱える。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

民主主義ってなんだ?

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SEALDs奥田愛基が国会公聴会で「政治家である前にひとりの個人として考えて!」と切実な訴え! でも政治家たちは… のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。政治家水井多賀子自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
2 菅首相がコロナ重症者最多のなか「携帯料金20ギガで2980円」アピール
3 「特捜部が安倍前首相に事情聴取」報道で再び取りざたされる立件の可能性
4 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 医療崩壊一歩手前でもGoToに固執する菅首相の異常!
7 『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
8 竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
9 東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
10 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
12 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
13 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
14 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
15 渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
19 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
20 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
1東京五輪の追加費用はやっぱり大半が日本の負担! 安倍の密約の裏
2竹中平蔵が『朝生』で炎上! 利益相反に大ウソ言い訳、コロナでも暴論
3医療崩壊一歩手前でもGoToに固執する菅首相の異常!
4菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
6大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
7検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
9安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10 NHK『NW9』への圧力問題で菅首相が「私は怒ったことがない」と大嘘答弁!
11「特捜部が安倍前首相に事情聴取」報道で再び取りざたされる立件の可能性
12菅首相がコロナ重症者最多のなか「携帯料金20ギガで2980円」アピール
13安倍晋三が植村隆と櫻井よしこの裁判めぐりデマ投稿!
14「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
15『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
16小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
17小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄