ライムスター宇多丸が安保反対デモに参加! 宇多丸が語るSEALDsの面白さ、そして、日本語ラップの評価とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈メッセージの背後には、資本主義や警察国家権力に対する徹底的な批判を見ることができる。
 彼らが新しいのは、そうした政治的メッセージを直接発するほどナイーブではなく、自分たちの怒りを祝祭的な空間とやけくそめいた黒い笑いに包んで同世代の間でなんとか共有しようとしているところだ。それは、過剰に道徳的になってしまった既存の左翼が失ってしまった、おもしろさを取り返す試みである〉

 団体の動員によって集まった人々と、紋切り型のシュプレヒコール。そうした一般的な運動イメージを破る、「普通の人」のためのデモ活動──。SEALDsは、奥田氏が旅行中にイギリスやカナダ、ドイツなどで出会ったデモに格好よさを見出したことで始まっていると本人が「FLASH」などのインタビューで語っているが、彼らが絶大な支持を集める下地として、紹介したような90年代以降に日本で起きたムーブメントがあったのは間違いないだろう。

 最後に、本稿冒頭にあげたラジオ番組での宇多丸の発言に戻るが、そのなかで彼はこんなことも言っている。

「太鼓に乗せるにしても、やっぱり聞くだけで言葉の乗せ方の譜割り感で、やっぱりその日本語ラップ以降の、要はかっこよくコールしようぜ!っていう意識がある人と、まあ昔ながらの乗せ方にビートというか、太鼓を乗せているんだなっていう。まあ、聞くだけでもちょっと世代感がわかるみたいな。なんかそういうのも面白かったんですよね」
「で、その日本語ラップ。だからいまSEALDsのね、特に奥田くんというね、青年なんかはちょっといろいろなメディアなんかに、すごい注目されてますけども。あの、その日本語ラップの影響みたいなところで、ちょっと研究というかですね、(中略)この番組ならではの研究アプローチみたいなの、できないかな?みたいなのはちょっと考えているところでございます」

 宇多丸といえば、元陸上選手の為末大がツイッターに投稿した、〈悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。(中略)私達は幼少期の早い時期にしみ込んだ空気を否定できない〉という言葉に反論。日本語ラップも輸入文化を受け入れ発展してきた日本文化のひとつであると主張した楽曲「ガラパゴス」をRHYMESTERの最新アルバムに収録するなど、日本語でのラップ表現の啓蒙に尽力している人物だ。

 彼がSEALDsのシュプレヒコールに対して、どんな評論を語るのか。近々発表されるであろう、その評が楽しみである。
(新田 樹)

最終更新:2015.09.11 07:27

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル “神回”傑作選 Vol.1

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ライムスター宇多丸が安保反対デモに参加! 宇多丸が語るSEALDsの面白さ、そして、日本語ラップの評価とは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹革命の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
10 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
11 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
12 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
13 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
14 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
10天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
11「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
12大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
13専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
14小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
18坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
19槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定
20内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄