「大分自宅放火」海自一尉の父親も被害者? 自衛隊内で横行するいじめとパワハラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kaijoujieitai_01_150710.jpg
安保法制で加速する自衛隊内のいじめ・パワハラ問題(海上自衛隊ホームページより)


 大分県杵築市で5歳から14歳の子ども4人が焼死した痛ましい事件。自宅に放火したとして逮捕されたのは、海上自衛隊1尉、末棟憲一郎容疑者(40)。焼死した子どもたちの父親だ。事件当日、燃え盛る一軒家を前にして「俺が悪かったんだ!」と泣き叫んでいたという。

 末棟容疑者は、取り調べで「職場で悩みがあった」と供述しているが、その悩みは海上自衛隊のパワハラだったといわれている。

 海自の幹部職員である末棟容疑者は、今年3月、山口県下関市から広島県江田島市の標的機整備隊へ異動したばかり。単身赴任だった。整備員への教育計画を立てる立場だったが、上司の二等海佐からいじめに等しいパワハラを受けていたというのだ。

「週刊文春」(文藝春秋)も7月16日号で、さっそくこの問題を取り上げ、海自関係者のこんな証言を掲載している。

「最近、標的機隊のトップである指令(二等海佐)のパワハラが問題となっていたのです。部隊の幹部クラスにうつ病気患者が多発していると。相当にひどい状況だと認識していました。実は末棟もそのひとりで、上層部に相談をしていたのです」

 現在、警察が事実関係を調査中だが、少なくとも、海自で働くなかでなんらかの職場トラブルがあったことは間違いないだろう。

 自衛隊という組織は、その閉鎖的環境などから、いじめ・パワハラによる被害が絶えない。これまでもそれらが原因とみられる自殺者を多数だしてきた。

 本サイトも過去に、自衛隊内でのいじめ・パワハラ問題の実情を何度も指摘してきたが、安倍政権がすすめる安保法制が成立すれば、自衛隊員ひとりひとりへの負担は飛躍的に大きくなり、これまで以上に、いじめ・パワハラが増えるのは確実だろう。つまり、殺害されるという肉体的リスクに加えて、精神的負担による被害リスクが自衛官を襲うわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「大分自宅放火」海自一尉の父親も被害者? 自衛隊内で横行するいじめとパワハラのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ編集部自衛隊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 川島なお美が近藤誠の診断を告発
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 吉永小百合が「9条は変えさせない」
7 X JAPAN紅白もTAIJIの死に疑惑
8 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
9 杉田水脈が性懲りもなく国会で“科研費”バッシング!
10 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
11 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
12 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
13 太田光が右翼の抗議で転向していた?
14 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
15 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
16 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
17 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 明仁天皇“最後の誕生日会見”で安倍政権を牽制
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄