安倍晋三はセカイ系だった! あのマンガが見抜いていた、今、日本で起きている事態の本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 中条が記すのは、ゾンビが徘徊する世界とは、カタストロフ以後に生きる私たちの世界に他ならないのであり、この作品における悲惨ながらもすこし滑稽な描写には、大震災や原発事故を相対化する“癒やし”の効果があった、ということ。ある意味、私たちは震災を経てようやく、この作品の本来の読み方ができる時点に追いついたのだ。

 さて、以上のように、マンガはここ10年における社会の意識・傾向を先取りし、クリアに浮かび上がらせてきた。では、次の“予言の書”となるマンガは何なのだろうか? 残念ながら、ここで断言することは不可能だ。

 だが、『アイアムアヒーロー』の事例が示すとおり、往々にしてすでに提示されている物語に現実が追いついてはじめて、予言が明らかになるということだろう。
 
 たとえば、本書において(震災以前の2010年時点で)『アイアムアヒーロー』と対になる作品として紹介されている『進撃の巨人』(諫山創/講談社)はどうだろうか。『進撃の巨人』はまったく不条理な悪夢的状況の真っ只中につきおとされるという点で、どこにも逃げ場のない現代社会の閉塞を描いた作品と著者は評しているが、その後、巻数が進むにつれて、ストーリーに大きな転換が見られた。

 実は、理不尽に襲ってくると思われていた「巨人」の正体は人間であり、壁の中を牛耳る王族たちが情報操作をしてその事実を隠蔽していた。調査兵団の面々は真実を知るため、打倒・王政とクーデターを起こしたというのが、最新巻までの展開である。

 政府がいたずらに某国の脅威を煽るなどして、マッチポンプ的に情勢不安をつくり、なしくずしに軍国体制を敷き、恐怖による支配体制を完成させる、などというのは、現在の情勢の延長線上に、あながちありえなくもないだろう。そしてその次に待ち受けているのは──。
 
 そういえば現内閣にはマンガ好きの大臣がいるけれども、『ローゼンメイデン』にはいったいどんな予言が書かれていたのだろうか。
(松本 滋)

最終更新:2018.10.18 04:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マンガの論点 21世紀日本の深層を読む

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍晋三はセカイ系だった! あのマンガが見抜いていた、今、日本で起きている事態の本質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三松本 滋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
7 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
8 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
9 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
10 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 「安倍やめろ」ヤジ排除に敗訴判決も、安倍政権下で日本はロシア化
14 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
15 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
16 朝日記者が圧力、インタビュー記事で安倍が「核共有」問題発言!
17 X JAPAN、TAIJIの死の謎
18 星野源を生んだ自由の森学園の教育
19 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞10位〜6位発表! 
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄