イノッチがママ友と井戸端会議で情報集めしていた!『あさイチ』成功の秘密を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asaichi_01_141106.jpg
NHK『あさイチ』番組サイト「キャスター・リポーター紹介」より


〈その男、勝ち組につき〉〈今一番の“勝ち組の男”〉

 5月末に発売されたサブカルテレビ情報誌「TV Bros.」(東京ニュース通信社)に躍った、この気になる惹句。今期ドラマ視聴率でキムタクに肉薄する佐藤健のことか。それともサブカル誌らしく芥川賞にいまいちばん近いとされるピース・又吉直樹の特集か……。だがその答えは、NHKの朝の顔、V6のイノッチこと井ノ原快彦だ。

 たしかに井ノ原といえば、朝の情報番組のなかで視聴率トップを誇り独走する『あさイチ』(NHK)のMCに加え、長寿番組『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)の2代目司会に抜擢されたばかり。ジャニーズ事務所の司会者といえばSMAPの中居正広の名がかならずトップに挙がるが、一方でイノッチは、老若男女に愛される“お茶の間司会者”という地位を確実に築きつつある。

 もちろん、イノッチ人気を不動のものにしたのは『あさイチ』あってのものだが、同誌の井ノ原インタビューによれば、番組当初はちょっと悲しいポジションだったようだ。

「『あさイチ』は、スタッフの方々と、有働(由美子)さんや柳澤(秀夫)さんがすでに考えてくれていて、僕は最初はあまり期待されてなかったんですよ(笑)」(同誌インタビューより)

 周囲から期待されていないという、完全アウェーの空気。しかも、番組開始前は視聴者のあいだにも「朝からNHKにジャニーズ? 迷走してるなあ」という違和感が広がっていたのも事実だ。でも、井ノ原は前向きだった。

「実は、僕にとっては『やっと来た!』って感じで。奥様方が見る番組を見て育ってきたし、『僕が伸び伸びできる仕事が来た!』って、楽しくてしょうがないんです」
「朝からなんでそんな(ディープな)話題をって言われることも多いけど、実は同じことをゴールデンでやったら家族がいるから主婦は落ち着いて見られないんですよね。だから朝の、主婦が一人でテレビを見られる時間帯にそういう話題を扱いたいんだって言われて、だったら僕はピッタリかもしれない、って思ったんです」(同前)

 井ノ原がこのとき思い出したというのは、幼少期のこと。母親や姉の友だちとデパートのセールに並び、退屈するイノッチ少年を尻目に彼女たちが交わすおしゃべり……。「あの時の女の人の中にいる自分。それは特別な体験だったのかもしれない。自分が得意だったことを披露できる場所をいただけたのかもしれないって思ったんです」と井ノ原は振り返るが、かしましい女性たちに揉まれた経験があったから、女性向け情報番組(しかもディープ)を楽しめたのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

イノッチがママ友と井戸端会議で情報集めしていた!『あさイチ』成功の秘密を明かすのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKジャニーズ大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
15 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
16 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
17 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
18 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄