岸信介と真逆…安倍晋三が一切触れない“もう一人の祖父”は反戦政治家だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_150515.jpg
安倍首相が“もう一人の祖父”に触れない理由とは?(首相官邸ホームページより)


 安倍晋三首相が母方の祖父である岸信介を敬愛、心酔し、その祖父を追いかける形で、「戦争ができる国づくり」にひた走っていることはもはや知らない者はいない有名な話だ。4月29日、米議会で行った演説の際も、安倍首相は冒頭に岸の言葉を引用し、“おじいちゃんコンプレックス”を全世界に開陳した。

 しかし、その過剰とも思える岸への思い入れの一方で、安倍が“もう一人の祖父”について口にすることはほとんどない。父方の祖父・安倍寛。岸と同時代に生きた政治家だ。しかし晋三は、インタビューや周辺の証言からは意図的にその存在を拒否している感じさえする。

 なぜか? その理由が解き明かされているのが「週刊ポスト」(小学館)5月22日号で始まった、政治ジャーナリスト・野上忠興による連載「安倍晋三『沈黙の仮面』」だ。野上は安倍首相の父・晋太郎の番記者を長く務めた人物で、連載はその息子・晋三の生い立ちを追い、さらに岸家と安倍家という2つの政治血脈を辿るものだが、その第1回目に安倍家の地元後援者のこんな証言が掲載されている。

「確かに晋三さんは岸さんの血を継いどるが、安倍家のおじいちゃんは寛さんで、戦時中に東条英機に反対して非推薦を貫いた偉い人じゃった。それをいいたいが、晋三さんと話をしても岸、岸というんでね」

 そう。安倍首相の祖父・寛は岸とは政治的にも思想的にも正反対の人物だったのだ。

「岸が東条内閣で商工大臣を務めて戦中から権力の中枢を歩いていたのに対し、寛は東条英機の戦争方針に反対し、戦時中の総選挙では『大政翼賛会非推薦』で当選した反骨の政治家として知られる」

 A級戦犯容疑者として収監され、数々の政治資金疑惑が取り沙汰された岸に対し、寛は戦争に反対し「昭和の吉田松陰」とまで呼ばれた清廉で反骨の政治家だった──。その反骨ぶりは6人の安倍ファミリーを描いた『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』(松田賢弥/講談社)にも詳しく描かれている。同書によれば、安倍晋三の父・晋太郎が毎日新聞(1985年4月6日付)にこんな回想記を寄稿している。

「父(寛)は大政党を敵にまわし、その金権腐敗を糾弾し、始終一貫、戦争にも反対を続けた。軍部ににらまれ、昭和十七年の翼賛選挙では、非推薦で戦った。当選を果たしたものの、あらゆる妨害を受けた。私(晋太郎)も執拗な警察の尋問をうけた」(毎日新聞に晋太郎が寄稿した文章から抜粋)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

岸信介と真逆…安倍晋三が一切触れない“もう一人の祖父”は反戦政治家だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三政治家野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
2 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
3 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
12 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
17 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
20 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄