美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差!?「美貌格差社会」の残酷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
biboukakusa_01_150404.jpg
『美貌格差 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新報社)

 きちんと揃えられたボブカット。整った顔を崩すことなく冷静に語る佇まい。そのクールビューティーなオーラで会見に臨んだ「大塚家具」の大塚久美子社長が画面に登場したとき、なんだか最初からこの結末はきまっていたんじゃないかと錯覚させられた。

 先月27日、お家騒動で揺れる大塚家具の株主総会が開かれた。当初は父である勝久会長との「勝負」は接戦と見られていた。だが結果的に久美子社長は61%の票を集め、勝久会長含め大塚家を除く一般投資家に限って言えば8割の支持を得る、という圧勝だった。

 乱暴な推察だが、この結果を招いたものは、冒頭に記した久美子社長の風貌に起因するかもしれない。失礼ながら戦後闇市世代を彷彿とさせる父と、銀行員出身で経営コンサルもこなした手腕に加えて凛とした存在感を放つ娘とは、これからの経営者として、株主や消費者がどちらに期待するかは明らかだったとも思える。美しさというのは理屈のない説得力を孕んでいる。

 そもそも、何よりこの騒動にこれだけメディアが食いついたのも、美に対するどうしようもない好奇心と視聴者の興味を当て込んだからであろう。同じ女性社長でも「APAホテル」ではこうはなるまい。

 同様に、STAP細胞発見で小保方晴子氏にあれだけメディアが注目し、その後激しい論争を生んだのも、その美貌ゆえに騒動が拡大した面も否めないだろう。女性ばかりではない。仮に小泉進次郎の風貌が山本一太だったら、ここまでの支持を得ただろうか。

 そんな人の「美」がもたらす理不尽な影響をアメリカの労働経済学者、ダニエル・S・ハマーメッシュはこのほど『美貌格差 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新報社)を著して論じた。何せタイトルからして「生まれつき不平等」と決め打ちだ。「残念な人」はもはや立つ瀬がない。氏は20年かけて、美貌と経済学の因果関係を研究。「美形のお得度を真面目に測った史上初の本」「見た目で生涯年収の差は2700万円?!」と惹き句は煽るのだが本当だろうか。

《見栄えのいい人の方が稼ぎがいい、誰もがそう思っている》
《美人プレミアムや醜人ペナルティが一般的にどれくらいの大きさか、かなりよくわかっている》 

 醜いことってペナルティなのか?と虚を突かれるが、その論拠はこうだ。70年代のアメリカの調査として、外見が平均より上の女性は平均の女性より8%収入が多く、平均より下の外見のご婦人は4%低かったという。同様に男性では平均以上はプラス4%、以下はマイナス13%の収入だったという。意外にも女性は美醜による格差が少ないのに対して、ブサイクな男は散々な目に遭っていることになる。そんな殺生な。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

美貌格差: 生まれつき不平等の経済学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差!?「美貌格差社会」の残酷のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメン格差相模弘希美人すぎる貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
7 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
14 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
19 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
20 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
5安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
17 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
18検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄