高校教諭の「子猫生き埋め」事件で思い出す、あの作家の「子猫殺し」事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 東氏が「子猫だとあれだけ盛りあがり、日本が見殺しにしている他国の人々だと盛りあがらないのが不思議で仕方がありません」と指摘すれば、小林氏は、坂東さんの行為を「飼い主が責任を持つという意味では、筋が通っている」と言う。佐藤氏は一連の騒動を「普段は思考を放棄している問題がいきなり(中略)世間に提起された。その結果、世間の人々は混乱し、坂東さんを感情的に、しかも過剰にたたくような言説が満ちあふれてしまった」と分析する。

 さらに坂東氏が亡くなった後、作家の東野圭吾氏は「実は子猫を殺していなかった坂東眞砂子さんのこと」と題した追悼文を発表した。帰国した坂東氏と話したところ、猫を放り投げた崖の下は草むらで、落ちても死なない状況だった。「殺した」というよりも「捨てた」というのが真相だという。とはいってもまだ目の開いていない、乳飲み子の子猫を野に放てばそれは死と直結する事態を意味する。何より坂東氏自身が「殺意」を告白している以上、弁解にはなるまい。

 当時の論争と、今回の生き埋め事件を直接関連付けるのは乱暴かもしれないが、高名な作家も、市井の小学校教師も「世話ができないので殺した」と行動を起こす短絡さには、何か日本における動物に対する歪んだ接し方が垣間見える。愛犬家、愛猫家がこれ見よがしに「わが子」を自慢する一方で「いらなくなったから捨てる」というアンビバレントな風潮が存在する。確かに、昔は子犬や子猫を捨てる、殺すということは当たり前のようにあったとも聞くが、21世紀の現代においてそれは通用しないだろう。そもそも同情できる、できないの議論以前に動物をむやみに殺すことは「1年以下の懲役、100万円以下の罰金」に処される「犯罪」なのだから。

 例えば他国の例をみれば、スイスでは動物を飼う際に、常識問題を問う試験に合格しないとその権利は得られない。欧州の多くではペットショップはあるものの、日本のように、犬や猫が狭いガラスケースに閉じ込められて売られる「生体販売」は行われていない。写真を展示するか、里親を募集するのが一般的で、日本の販売方法は「虐待」とみなされている。さらにイギリスでは生後2か月以内の犬の販売は禁止されている。ドイツでは犬の殺処分は行われていない。そもそも殺処分場自体がなく「不治の病」と獣医師が診断した場合のみ「安楽死」が選択される。いずれも動物たちの生きる権利を尊ぶ文化が伺える。

 ひるがえって日本では年間28570頭の犬と99671匹の猫が殺処分されている。このうち、負傷によりやむなく処分された犬は775頭、猫は9509匹だった(平成25年環境省調べ)。つまりほとんどは健康な状態で狭いガス室に送り込まれたことになる。

 家庭の事情で飼育が困難になる事態だけではなく、ペットショップやブリーダーが売れ残ったペットを殺処分に持ち込む事例もある。09年には兵庫県のブリーダーが年間50頭の犬を持ち込んでいた例が明らかになったが、驚くことにこれは違法ではないのだ。

 殺処分数は年々減少している。それでも、もう少しどうにかならないのだろうか。2020年、多くの国や地域から人々が東京にやってくる。彼らがこの事実を知ったら、とても「COOL JAPAN」とは言わないだろう。
(相模弘希) 

最終更新:2017.12.23 06:43

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

100グラムのいのち ペットを殺処分から救う奇跡の手 (ノンフィクション・生きるチカラ)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高校教諭の「子猫生き埋め」事件で思い出す、あの作家の「子猫殺し」事件のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。動物坂東眞砂子江川紹子相模弘希虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
2 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
5 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
8 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
9 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
12 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
13 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
14 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
17 千原せいじの不倫をなぜか賛美するワイドショーの男尊女卑
18 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
19 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
20 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
5Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
6菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄