高村光太郎夫人が描いた男性の股間から河西智美の手ブラまで…ヌードと国家の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 取り上げられるヌードはさまざまだ。例えば、一発目に登場するのは教科書でもおなじみの詩人・高村光太郎夫人として名高い「智恵子」(正式名・長沼智恵子)が画家を志していた時期、私立の画塾で描いた男性ヌードデッサン。「男の象徴までおかしいほどリアルに描いた」作品として当時は「伝説」扱いされていたというその木炭デッサン画を著者が買い求めてみたところ「蓬髮(ほうはつ)とひげがなんともマイルド」、されど「股間はマイルド」、要するにくっきりとも朦朧もしていないビミョーな描写で「金返せ」の結果に終わったという。では一体なぜこんな「伝説」が生まれてしまったのか?

 実は、ここには日本の美術教育における「ヌード画」と「女子」の関係をめぐる秘密が横たわっている。

 智恵子の画が生まれた当時は、西洋美術に影響を受け国内の美術教育にも変化がもたらされ始めた時期。ヌードデッサンが授業に取り入れられるようになるその裏では「風俗取り締まり」の使命を背負った警察との間でのせめぎ合いが始まっていた。彫刻像の股間に木の葉を貼り付けたり、ヌードの腰まわりに布を巻きつけてみたり……涙ぐましい努力を続ける者数知れず。それまで主に男性の徹底的なヌードデッサンを是としていた歴史画が徐々にすたれ始めたことも後押しとなり、自主規制モードのなかで「股間ぼかし」という技法が独自に育っていったのではと著者は推理する。

 加えて、同時期には女子の美術教育制度が整い始め、社会のなかで「絵を描く女性」がクローズアップされ出していた。画塾に通おうとも、周囲をほぼ男子研究生に囲まれながら男性モデルの全裸を眺めなければならない女子はまだ物珍しい存在。そのなかで画家を志す智恵子もまた「新しい美術」と「新しい女」という役割を二重に背負っていた。同じ教室で女子と肩を並べながらも時代の変化に従い、言われるがまま股間をぼかして描く男性生徒らにとって、「新しい女」は気を逸らせる格好の対象でもあったのだ。

〈男子研究生たちは、智恵子の男性デッサンの股間に、ペニス以外の何ものかを見た。彼らの見たもの、それは日本の美術界における根本的な美術理念の欠如であり、理念を欠いたまま、ルールに従っている彼ら自身である。彼らはそれを正視できず、問題の枠組みを『男性モデルを見る智恵子のデッサン』にまで委縮させた。そうすれば、すべてを智恵子個人の問題に押しつけることができた〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高村光太郎夫人が描いた男性の股間から河西智美の手ブラまで…ヌードと国家の関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48写真松岡瑛理河西智美高村光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 吉村知事が寝屋川市長のオミクロン株迅速対応を「僕の判断」と手柄横取り
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
5 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
6 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
7 N国・立花のジェノサイド扇動発言を生んだ安倍政権の差別体質
8 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
9 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 糸井重里、山下達郎、太田光…「責めるな」圧力の有名人の罪
12 消費増税で派遣社員が増えるからくり
13 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
14 党首討論で安倍が「野党デマ攻撃本」配布問題に大慌て!
15 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
16 女性差別の森喜朗が逆ギレ会見! 組織委会長ゴリ押ししたのは安倍
17 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
18 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
19 菊池桃子が安倍政権にダメ出し!
20 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
1自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄