日本アカデミー賞受賞!『永遠の0』は平和ボケの戦争賛美ファンタジーにすぎない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 それがもろに出ているのが主人公の孫が訪ね歩いた祖父の戦友たちの証言だ。彼らはさんざん孫に戦争体験を語り聞かせながら、その一方で、彼らの台詞の中にはこんな言葉が頻繁に登場するのだ。

「戦後になって、ミッドウェーの敗北の原因をいろいろ本で読んで知りました。」
「戦後になって、この時のことが「運命の五分間」と言われて有名になりましたね」
「もっとも今、お話ししていることはすべて戦後に知ったことです」
「もっともあの島で何が行われていたのかを知ったのは戦後です」
「これらも戦後知った知識です」

 おそらく、この「戦後になっていろいろ本で知った」というヤツが、今、ネットで盗作ではないかと指摘されている記述の一部なのだろう。まあ、「本を読んだ」という登場人物が出てきて、その本の内容を語っているわけだから、盗作というのはちょっとちがうと思うが、しかし、わざわざ登場した戦友が生の体験でなく、「戦後」に知った情報を語ってしまうということ自体が、この小説の本質を物語っている。

 ようするに、『永遠の0』は戦争のリアリティなどかけらも知らない百田が、現代の平和ボケの頭で、戦記物や戦闘シミュレーションをつぎはぎして、それらしい物語にしているだけなのだ。だからこそ、無意識のうちに飢えや戦友同士の殺し合い、強姦といった戦場の悲惨さの描写をネグり、戦術をああだこうだと、まるでスポーツの試合かヒーローもののように、戦争をエンタテインメントとして扱ってしまう。

 しかも、最悪なのがそのことに対して、百田自身がまったく無自覚なことだ。

『殉愛』騒動で“噓八百田”と呼ばれるようになった百田だが、「『永遠の0』は戦争賛美でない」というのは決してウソをついているわけではなく、おそらく本気でそう思い込んでいるのだろう。それは、ネトウヨたちが戦争の悲惨さや狂気を見ずに、自分は戦場に行く気などさらさらないのに、「日本を守るために他国を攻撃するのがなぜ悪い!」と叫んでいるのとほとんど同じだ。

 自称インテリの連中はこうした批判に「たかが映画に何をめくじらたててるんだ」というかもしれない。しかし、この無自覚な愛国心は今、ものすごい勢いで日本中に広がっている。そして、『永遠の0』はきわめて戦後的な平和ボケの頭で書いた戦争賛美小説だからこそ、これだけの大衆的人気を獲得し、映画もアカデミー賞を独占するくらいにヒットしてしまったのだ。

 後で歴史を振り返ったときに、この作品が日本の転換を象徴する存在になっているような気がしてならないのだが……。
(酒井まど)

【リテラ編集部注 2/14初出の記事「ドラマ化!百田尚樹『永遠の0』はやっぱりネトウヨ丸出しの戦争賛美ファンタジーだ!」を再編集し、掲載しました。】

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

事典 昭和戦前期の日本―制度と実態

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本アカデミー賞受賞!『永遠の0』は平和ボケの戦争賛美ファンタジーにすぎないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。日本アカデミー賞永遠の0百田尚樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
2 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
3 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
4 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
5 菅に日歯連から3000万円迂回献金
6 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
7 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
8 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
9 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
16 オウム菊地無罪!井上証言の裏に
17 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
18 『橋下×羽鳥』が森友疑惑の論点ずらし
19 テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
20 加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4安倍改造内閣は杉田水脈レベルの“ほぼ全員ネトウヨ内閣”
5安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
6加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
7ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
8旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
10本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
11百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
12安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 『zero』有働由美子がニュース感覚“ゼロ”を露呈
15 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
16茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
19民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
20『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄