日本アカデミー賞受賞!『永遠の0』は平和ボケの戦争賛美ファンタジーにすぎない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 戦時中、多くの文学者が転向するなか数少ない反戦を貫いた詩人・秋山清が発表した、「送行」という詩を読んでもらいたい。

 安田末吉は三十五才。/株屋の店員から/徴用工―応召。/この飛躍は/米軍マーシャルに迫る/緊迫と軌を同じうする。/ゆく者は生還を期すにあらず。/しかも送行の三十里の車中は/なごやかな談笑にすぎた。/暮れなずむ印旛沼は/しろく冬ぞらをうつし/兵舎町の駅のホームに立って/君は手をあげた/君をおいてわれわれは走り去った。/松山や/麦畑や/なだらかな丘の勾配や/雑木林や/冬枯れ乾いた風景を送って/電車は灯のない東京の街にかえった。/家のなかはひっそりとした団欒であった。/母と妻と七才の娘と/明日からこのさびしさに親しむだろう

 現代の読者には、これのどこが反戦なの?とピンと来ないかもしれない。でも、これが精一杯の抵抗とされていたのが、当時の空気なのだ。

 そんな中で、軍人が「生きて帰りたい」と公言して、「海軍一の臆病者だなあ、お前は」的な笑い話ですませられるわけがないだろう。

 そんなところから、最初に『永遠の0』を読んだときは、もしかして、これ、タイムスリップ小説なんじゃないか、と思ったほどだ。実は、宮部は平成の世界からタイムスリップしてきた未来人で、「死にたくない」っていうのは、現代人の感覚で軍の空気読まずに言っちゃってる的なことなのか、と。それくらい、宮部のメンタリティが現代人そのままなのだ。

 宮部が真珠湾、ミッドウェー、ラバウル、特攻と派手めな有名どころの戦場にばかり都合良く顔を出しているのも、坂井三郎、西澤廣義といったスター・パイロットと絡むのも、歴史ダイジェスト的なタイムスリップものと思えば、納得できる。

 しかし、当たり前だが、最後まで読んでも「宮部は未来人だった」というオチは出てこなかったし『永遠の0』はタイムスリップ小説ではなかった。スリップしているのは百田尚樹の頭のほうだったのである。戦後の平和ボケ的な価値観そのままで戦争を描いているだけ。しかも、本人はそのことに全く気づいていない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

事典 昭和戦前期の日本―制度と実態

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

日本アカデミー賞受賞!『永遠の0』は平和ボケの戦争賛美ファンタジーにすぎないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。日本アカデミー賞永遠の0百田尚樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈が性懲りもなく国会で“科研費”バッシング!
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
6 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
7 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
8 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
9 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
10 三一節の韓国は「反日で危険」じゃなかった!現地レポもほのぼの
11 検察・国税の元担当記者が明かす癒着
12 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
13 太田光を光代社長がダメにしている!
14 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
15 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る!
16 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
17 黒歴史!封印されたドラえもん
18 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
19 霊能者から献金の下村博文・元文科相のオカルト体質
20 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
4安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄