ピース又吉の小説に「芥川賞当確」の声! でもしのびよる芸人生命の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈新しい発想というのは刺激的な快感をもたらしてくれるけど、所詮は途上やねん。せやから面白いねんけど、成熟させずに捨てるなんて、ごっつもったいないで。新しく生まれる発想の快感だけ求めるのって、それは伸び始めた枝を途中でポキンと折る行為に等しいねん。だから、鬱陶しい年寄りの批評家が多い分野はほとんどが衰退する。確立するまで、待てばいいのにな〉

 神谷に強烈に惹かれながらも、その敵をつくってでも自分を貫く信念の強さに、息苦しくなっていく徳永。やがて徳永は漫才で生計を立てられるようになるが、そんな徳永の漫才を見て、「もっと徳永の好きなように面白いことやったったらいいねん」と言う神谷。しかしそれが徳永には「出来ない」のだ。

〈僕たちは世間から逃れられないから、服を着なければならない。何を着るかということが絵画の額縁を選ぶだけのことであるなら、絵描きの神谷さんの知ったことではない。だが、僕達は自分で描いた絵を自分で展示して誰かに買って貰わなければいけないのだ。額縁を何にするかで絵の印象は大きく変わるだろう。商業的なことを一切放棄するという行為は自分の作品の本来の意味を変えることにもなりかねない。それは作品を守らないことにも等しいのだ〉

 表現の質を追求することと、商業的に成功すること。そのバランスを著しく欠いた神谷と、その狭間で悩む徳永がどのような道を選ぶのか。……ラストの展開には賛否がありそうな気がするが、そこの驚きも含めた上で十分に楽しめる出来だ。芥川賞や直木賞との声が出るのも、わかる。

 しかし、「大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた」などという冒頭の一文に象徴されるように、文章は純文学コンプレックスが空回りしている部分も散見される。テーマも様々な小説で繰り返し書かれてきたことで、たいして新しいというわけではない。

 にもかかわらず、この時期から又吉の作品が「芥川賞あるいは直木賞にノミネート確実」といわれるのは、なぜなのか。それは、小説のクオリティだけでなく、又吉にどうしても賞を獲らせたい出版界の事情があるからだ。

 世間では小説離れが叫ばれて久しいが、ここ数年、出版界では“一部の売れる小説”と“多くの売れない小説”の差がどんどん開いている。しかも、売れる作家の数もどんどん少なくなっており、たとえば2014年の小説ベストテンも「半沢直樹」シリーズの池井戸潤、本屋大賞を受賞した和田竜、村上春樹、東野圭吾、西尾維新、百田尚樹と、たった5人の作家が分け合っていた状態。ほとんどの小説が増刷できず初版どまりで、その初版部数も純文学なら5000部以下や、エンタメでも1万部に届かないということもザラだ。

 又吉の小説にならっていえば、出版界は小説を売るための〈額縁〉が喉から手が出るほど欲しい状態なのだ。そして、ひとつ〈額縁〉が見つかれば、その〈額縁〉にみんなが群がる……。冒頭、出版界で又吉が引っぱりだこと書いたが、それも又吉の人気にあやかって本や雑誌を売りたいがためのこと。とくに純文学系に造詣の深い又吉の存在は、救世主に近いほど貴重だ。──ここで、「人気といっても、又吉ってもう落ち目じゃない?」と感じる人もいるかもしれないが、たしかにお笑い芸人としては明らかに一時の勢いは失っている。しかし、落ち目の芸人にすがらざるを得ないほど、出版界は貧しているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芥川賞を取らなかった名作たち

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ピース又吉の小説に「芥川賞当確」の声! でもしのびよる芸人生命の危機のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界又吉直樹文学田岡 尼芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
2 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
7 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
11 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
12 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
15 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
18 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
19 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
20 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
5大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
6 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
7宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
8『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
13高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
17菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄