年末特別企画 リテラの2014年振り返り

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
syousetsuka_141231.jpg
左から『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社)『失楽園』(角川書店)『三匹のおっさん』(文藝春秋)『白ゆき姫殺人事件』(集英社)


■渡辺淳一にもたかじんと同様のトラブルが勃発?■

X  今年の文壇をふりかえるってことなんだけど、これまで以上に今年はとにかく本が売れなくて、さみしい状況だったね。とくに、小説は……。

Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。

Z いちばんの話題はやっぱり、百田尚樹の『殉愛』騒動だよね。ただ、百田先生の『殉愛』騒動については、リテラでもう十分詳しくやっているからそちらに譲るとして、文壇ではもうひとつ遺族のからむ争いが話題になった。

Y 4月に亡くなった渡辺淳一の愛人と遺族がもめたという話でしょ。川島なお美との“失楽園”不倫をはじめ、黒木瞳など、生前は数々の女性と浮き名を流したナベジュン先生だけど、長年秘書を務めていたMさんとも実は長く愛人関係にあったといわれている。生前仕事関係はMさんが仕切っていたから、出版各社が合同で開いたお別れの会も、Mさんと相談しながら進めていたんだよ。ところが、娘さんが勝手に進めないでとクレームを入れ、社長クラスも巻き込む大騒ぎに。すでに告知も打っていたのに会場を東京會舘から帝国ホテルに変更になったというんです。

X お別れ会の変更は遺族がナベジュンが常連だった銀座のクラブの女性が来るのを嫌がったんじゃないかという話もあったけど。ただ渡辺淳一先生をめぐってはMさんとの遺族の間にまだ火種があるという話もあるから、来年もまだ目が離せないね。

Z ナベジュンといえば、豊崎由美の辛口評に激怒し掲載していた「TITLe」(文藝春秋)という雑誌を休刊に追い込んだという事件もあったけど、愛人の川島なお美を自作の『失楽園』の主役に抜擢し、娘を集英社に入社させ……と作家の力を誇示するエピソードがほとんどそろっていたね。それでいて憎めないという。そういう意味でも惜しい人物を亡くした。

Y でも、作家の権力は、百田の一件を見てもわかるようにまったく弱まってないよ。とにかく『殉愛』問題なんて出版社系週刊誌がほとんど百田擁護に回ったわけだから。

X「週刊新潮」の連載をまとめた『フォルトゥナの瞳』はそれほど売上げが芳しくなくて、「たいして売れてもないのに、無駄にタブーだけできた」って新潮社の編集者はグチってたよ。

Y 新潮社は百田と山本周五郎賞をめぐっても一悶着あったからね。「週刊新潮」で連載を始めるにあたって、百田が「気軽に頼んでくるけど、新潮社は一度も僕を候補にしてくれんやないか」と軽口叩いたのを、真に受けた担当の編集幹部が『海賊と呼ばれた男』を周囲の反対を押し切って山本周五郎賞の候補作に無理矢理ねじ込んだらしいんだ。ところが、当の百田はノミネートを辞退したという……。

Z でも『フォルトゥナ〜』も売れてないって言ったって、10万部前後はいってるでしょ。それだけ売れる作家は貴重だよ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界座談会振り返り文壇の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
4 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
11 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
12 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
13 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
5石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄