年末特別企画 リテラの2014年振り返り

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■山内マリコ、綿矢りさの結婚と柳美里の貧乏状態■

Z  女性の若手だと、窪美澄、柚木麻子、山内マリコ、彩瀬まるあたりが、女性書店員の人気が高いね。窪、山内、彩瀬はR−18文学賞の出身。

X  地方の女子の鬱屈を描いたデビュー作『ここは退屈迎えに来て』が、スマッシュヒットした山内マリコ。こじらせ系女子に人気の山内だけど、先日結婚を発表し、「an・an」でも結婚のこと語っているね。某評論家と不倫の噂もあったけど、本人は意外とこじらせ女子じゃなかったのかな。

Y  結婚といえば、綿矢りさも結婚を発表したね。年末の30日に発表って芸能人か!という感じだけど。しかも相手は、霞が関ではたらくキャリア官僚。綿矢もここ数年、こじらせ女子とか非リア充の小説をたくさん書いてたけど、本人は全然こじらせてなかったんだね。

X  出会ったのは4年半前くらいらしいけど、4年半前といえば、第3作『夢を与える』執筆以降のスランプ状態から抜け出した頃だよね。スランプの原因には失恋の影響もあったとインタビューで語っていたから、意外と恋愛に左右されるタイプだったんだね。今の夫と出会ってスランプ脱出以降は、執筆のペースもかなりあがっているし、作品の幅も広がっているし、小説の面でもいい相手なのかもしれないね。

Z  拠点にしていた京都から、すでに東京に越してきて結婚生活を始めてるらしいけど、「文學界」1月号に載ってる最新作「履歴のない女」はもろ新婚生活について書いていて、実体験ぽいなと思っていたらやっぱりという感じ。しかしこうしてみると、女性作家は男性より話題を提供してくれるね。

Y  女性作家はベテランもけっこう暴れてるしね。林真理子は「週刊文春」で百田尚樹をタブーにする週刊誌にかみついたり、文壇の和田アキ子みたいな存在になってるし。

X  元祖お騒がせ作家・柳美里への原稿料未払い騒動もあったね。月刊誌「創」が7年間に渡り、連載の原稿料を合計1142万8078円も支払っていなかったというもの。最終的には原稿用紙1枚4000円(「創」の最低稿料)×387.7枚の約150万で手打ちした。

Z 「創」に1千万円って……つぶれちゃうよ。でも、柳はホントお金がなくて大変みたいだね。あちこちに借金してるらしいし。

Y  ていうか、さっきから何度も話してるけど、本が売れてないから、柳だけじゃなくてみんな苦しい。いまや食えてる作家のほうが珍しいくらい。

X  で、そういう食えない作家から羨望の目で見られてるのが、さっきも話に出た佐渡島の作家エージェント・コルク。マンガ家では、『宇宙兄弟』の小山宙哉、安野モヨコ、作家では阿部和重、山崎ナオコーラ、伊坂幸太郎、平野啓一郎とか13名のクリエイターと契約しているようだけど、次から次へと新しいかたちの仕事をつくりだしている。先日は阿部和重と伊坂幸太郎のコラボ小説『キャプテンサンダーボルト』を出版したし。講談社からはうまくやりやがって、と嫉妬の目で見られているらしいけど。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界座談会振り返り文壇の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 即位礼で百田尚樹からNHKまで「雨が上がって虹が」の神国カルト
2 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
3 Kダブシャインが日本の音楽状況を批判
4 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 NHK朝ドラ『スカーレット』と朝鮮人強制労働
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
9 即位パレード延期は天皇の意向、官邸は強行するつもりだった
10 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
11 安倍首相がラグビー南アフリカ戦で「夢のような一ヶ月間」とツイート
12 台風被害のさなかに天皇の即位礼強行! 式典予算は160億円
13 視聴率3.7%『いだてん』が日本の中国での戦争加害に言及!
14 台風19号の避難所になった「朝鮮学校」インタビュー
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 安倍政権「就職氷河期世代」支援が酷い!「人生再設計世代」と言い換え
17 新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
18 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄