年末特別企画 リテラの2014年振り返り

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■山内マリコ、綿矢りさの結婚と柳美里の貧乏状態■

Z  女性の若手だと、窪美澄、柚木麻子、山内マリコ、彩瀬まるあたりが、女性書店員の人気が高いね。窪、山内、彩瀬はR−18文学賞の出身。

X  地方の女子の鬱屈を描いたデビュー作『ここは退屈迎えに来て』が、スマッシュヒットした山内マリコ。こじらせ系女子に人気の山内だけど、先日結婚を発表し、「an・an」でも結婚のこと語っているね。某評論家と不倫の噂もあったけど、本人は意外とこじらせ女子じゃなかったのかな。

Y  結婚といえば、綿矢りさも結婚を発表したね。年末の30日に発表って芸能人か!という感じだけど。しかも相手は、霞が関ではたらくキャリア官僚。綿矢もここ数年、こじらせ女子とか非リア充の小説をたくさん書いてたけど、本人は全然こじらせてなかったんだね。

X  出会ったのは4年半前くらいらしいけど、4年半前といえば、第3作『夢を与える』執筆以降のスランプ状態から抜け出した頃だよね。スランプの原因には失恋の影響もあったとインタビューで語っていたから、意外と恋愛に左右されるタイプだったんだね。今の夫と出会ってスランプ脱出以降は、執筆のペースもかなりあがっているし、作品の幅も広がっているし、小説の面でもいい相手なのかもしれないね。

Z  拠点にしていた京都から、すでに東京に越してきて結婚生活を始めてるらしいけど、「文學界」1月号に載ってる最新作「履歴のない女」はもろ新婚生活について書いていて、実体験ぽいなと思っていたらやっぱりという感じ。しかしこうしてみると、女性作家は男性より話題を提供してくれるね。

Y  女性作家はベテランもけっこう暴れてるしね。林真理子は「週刊文春」で百田尚樹をタブーにする週刊誌にかみついたり、文壇の和田アキ子みたいな存在になってるし。

X  元祖お騒がせ作家・柳美里への原稿料未払い騒動もあったね。月刊誌「創」が7年間に渡り、連載の原稿料を合計1142万8078円も支払っていなかったというもの。最終的には原稿用紙1枚4000円(「創」の最低稿料)×387.7枚の約150万で手打ちした。

Z 「創」に1千万円って……つぶれちゃうよ。でも、柳はホントお金がなくて大変みたいだね。あちこちに借金してるらしいし。

Y  ていうか、さっきから何度も話してるけど、本が売れてないから、柳だけじゃなくてみんな苦しい。いまや食えてる作家のほうが珍しいくらい。

X  で、そういう食えない作家から羨望の目で見られてるのが、さっきも話に出た佐渡島の作家エージェント・コルク。マンガ家では、『宇宙兄弟』の小山宙哉、安野モヨコ、作家では阿部和重、山崎ナオコーラ、伊坂幸太郎、平野啓一郎とか13名のクリエイターと契約しているようだけど、次から次へと新しいかたちの仕事をつくりだしている。先日は阿部和重と伊坂幸太郎のコラボ小説『キャプテンサンダーボルト』を出版したし。講談社からはうまくやりやがって、と嫉妬の目で見られているらしいけど。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界座談会振り返り文壇の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
2 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
3 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
7 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
8 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
15 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
16 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
17 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
18 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
19 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄