年末特別企画 リテラの2014年振り返り

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■朝井リョウ、川村元気、西尾維新…若手作家の素顔とは?■

Z  若手作家はどうかな。あんまりそういう濃い話は聞かない気がするんだけど。むしろそつがないというか、みんなスマート。

X  典型は朝井リョウだね。朝井は早稲田大学在学中に『桐島、部活やめるってよ』でデビュー、男性としては最年少の24歳で直木賞をとるという順風満帆の作家生活を送りつつ、私生活でも大学卒業後は東宝で会社員生活を送るという、抜け目なさ。本の装丁イラストをジブリにお願いしたのをきっかけに、プロデューサーの鈴木敏夫にも気に入られるという世渡り上手。「朝井はバカだなあ」なんて言われながら、けっこうかわいがられてる。

Z  その東宝で朝井の先輩にあたる看板プロデューサー・川村元気もやることなすことそつがない。本業の映画プロデュースでも『電車男』に『告白』『悪人』『モテキ』と大ヒットを飛ばしてる川村だけど、はじめて書いた小説の『世界から猫が消えたなら』もいきなり30万部を超える大ヒットで、昨年の本屋大賞にもノミネートされた。

X 川村はプロモーションや販売施策のエキスパートだからね。吉田修一の『悪人』が映画公開と同時に文庫化されたとき、映画のプロデューサーだった川村が、文庫の装丁やプロモーションにまで細かく口出しして、ヒットさせたという逸話もある。自分の本でもかなりいろいろ仕掛けてるらしい。

Y 「セカネコ」は単行本はマガジンハウスなのに文庫は小学館だったけど、それも川村の意向らしいね。しかも、ふつうは同じ版元の宣伝が入る折り込み広告に同時期に他社から出た自分の本の宣伝を入れさせたという、新人作家とは思えない力技。そのうえ「セカネコ」は佐藤健と宮崎あおい主演で映画化だもんね。

X  ただ、川村はプロデュース手腕はピカイチだけど、小説の評価は微妙。川村は、『宇宙兄弟』の担当編集者で講談社から独立して作家エージェント・コルクを立ち上げた佐渡島庸平と仲がいいんだよ。ところが、コルク立ち上げのときに周囲の人間が佐渡島に「川村さんに声かけないの?」ときいたら、「いや、あの小説は……」と苦笑してたらしい。たんに、プロデューサー同士でバッティングするのを嫌がっただけかもしれないけど。

Z あと、若手といえるかどうかはわからないけど、売れてるといえば、西尾維新か。作家別の売上げ1位だもんね。6位『終物語(中)』、8位『終物語(下)』、10位『続・終物語』と3作がベスト10入りしている。

X 西尾維新は実像や私生活は、トップシークレット。メインの版元である講談社でも担当以外、ほとんど会ったこともなく、どんな人か漏らしちゃいけない決まりになってるんだとか。旧来の文壇とは完全に別の世界だ。

Y  ただそれでも漏れ伝わる噂によると、ブサメンではなく爽やかなルックスの好青年らしい。声優に言いよられることもけっこうあるみたいだけど、興味ないと言って全く相手にしないんだって。ある打ち上げで、某有名女性声優がボディタッチしまくったんだけど、それもオール無視だったという話もある。余裕のなせるわざなのか、内向的すぎるのか、どっちかわからないけど、いずれにしても、ナベジュン先生には想像もつかない世界だろうね。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界座談会振り返り文壇の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「朝生」で田原総一朗よりさきに「下村文科相」名前を出した出演者
2 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
3 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
4 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
5 田崎史郎のいない素晴らしい世界
6 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
7 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
8 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
12 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
13 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
14 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
15 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
18 安倍官邸が74億円の官房機密費使用!安倍応援団の手にも?
19 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
20 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄