『半沢直樹』今度の敵は民主党! 小沢一郎、前原誠司、蓮舫に倍返し?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ginyoku_140818.jpg
『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)

 大人気を博したドラマ『半沢直樹』(TBS)はいつまでたっても続編が始まらず、最近はファンもあきらめぎみだが、小説の半沢直樹シリーズ(池井戸潤/ダイヤモンド社)のほうは続編が次々と出版され、絶好調だ。シリーズ第3作『ロスジェネの逆襲』は映像化されないまま100万部を突破。さらに、先日は新作の『銀翼のイカロス』が発売され、即、ベストセラーになった。

 その新作『銀翼のイカロス』だが、今回、半沢が腕をふるうのは経営破綻寸前の状況におちいった大手航空会社・帝国航空の再建。准メインバンクである東京中央銀行では審査部が再建を担当していたが、業績悪化に歯止めがかからない。そして、頭取直々の指名で、半沢直樹が担当を命じられた──こんなシーンから、物語ははじまる。

 実は今回の半沢直樹シリーズは、かなりの部分が実話に基づいている。帝国航空のモデルは、数年前に経営破綻した日本航空=JALだ。JALといえば、親方日の丸の官僚的な経営体質、経営陣のお家騒動と粉飾決算、会社側組合と自主組合5組合の激しい対立、さらには長年の自民党政権との癒着がもたらした不採算路線進出やアメリカからの機体大量購入など、さまざまな問題を抱えており、“伏魔殿”とも呼ばれていたナショナルキャリアフラッグ。経営が悪化してからもこうした社内の構造が複雑にからんで再建が進まず、とうとう2010年に会社更生法の申請をするにいたった。

 当然、今回は半沢がその“伏魔殿”に切り込み、JAL経営陣や労働組合幹部らに「倍返しだ!」と啖呵を切るんだろうな……と思いきや、そういったシーンはほとんどない。JAL、帝国航空は序盤で半沢らの再建案をのみ、あっさりと協力関係になる。

 メインはその後だ。半沢たちが再建を進めようというところで、憲民党から進政党への政権交代が起き、政権を握った進政党は前政権下で半沢らがまとめた再建案を白紙に戻してしまうのだ。そして、再生タスクフォースという新しい諮問機関のもとで再建案の肝として打ち出されたのが、銀行団への債権放棄。東京中央銀行も500億円もの債権放棄を求められるが、半沢たちは債権放棄せずとも自主再建は可能だとして、進政党に対して徹底抗戦を挑む。

 この政権交代による混乱も実話に近い。進政党というのはもちろん民主党のことで、民主党は09年に政権交代を果たすや、前原誠司国土交通大臣が自民党政権下でJAL再建策を検討していた有識者会議を廃止。小説と全く同じ名称の諮問機関JAL再生タスクフォースを立ち上げ、銀行に再建放棄を迫っている。

 つまり、今回の半沢の敵は、政権交代でJALの再建策の主導権を握った民主党と前原国交相、そしてタスクフォースなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『半沢直樹』今度の敵は民主党! 小沢一郎、前原誠司、蓮舫に倍返し?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。堺雅人政治家田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
2 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
5 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
7 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
12 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
13 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
14 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 谷村新司のオカルト告白がスゴい
17 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
9菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
11菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
17『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄