『半沢直樹』今度の敵は民主党! 小沢一郎、前原誠司、蓮舫に倍返し?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ginyoku_140818.jpg
『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)

 大人気を博したドラマ『半沢直樹』(TBS)はいつまでたっても続編が始まらず、最近はファンもあきらめぎみだが、小説の半沢直樹シリーズ(池井戸潤/ダイヤモンド社)のほうは続編が次々と出版され、絶好調だ。シリーズ第3作『ロスジェネの逆襲』は映像化されないまま100万部を突破。さらに、先日は新作の『銀翼のイカロス』が発売され、即、ベストセラーになった。

 その新作『銀翼のイカロス』だが、今回、半沢が腕をふるうのは経営破綻寸前の状況におちいった大手航空会社・帝国航空の再建。准メインバンクである東京中央銀行では審査部が再建を担当していたが、業績悪化に歯止めがかからない。そして、頭取直々の指名で、半沢直樹が担当を命じられた──こんなシーンから、物語ははじまる。

 実は今回の半沢直樹シリーズは、かなりの部分が実話に基づいている。帝国航空のモデルは、数年前に経営破綻した日本航空=JALだ。JALといえば、親方日の丸の官僚的な経営体質、経営陣のお家騒動と粉飾決算、会社側組合と自主組合5組合の激しい対立、さらには長年の自民党政権との癒着がもたらした不採算路線進出やアメリカからの機体大量購入など、さまざまな問題を抱えており、“伏魔殿”とも呼ばれていたナショナルキャリアフラッグ。経営が悪化してからもこうした社内の構造が複雑にからんで再建が進まず、とうとう2010年に会社更生法の申請をするにいたった。

 当然、今回は半沢がその“伏魔殿”に切り込み、JAL経営陣や労働組合幹部らに「倍返しだ!」と啖呵を切るんだろうな……と思いきや、そういったシーンはほとんどない。JAL、帝国航空は序盤で半沢らの再建案をのみ、あっさりと協力関係になる。

 メインはその後だ。半沢たちが再建を進めようというところで、憲民党から進政党への政権交代が起き、政権を握った進政党は前政権下で半沢らがまとめた再建案を白紙に戻してしまうのだ。そして、再生タスクフォースという新しい諮問機関のもとで再建案の肝として打ち出されたのが、銀行団への債権放棄。東京中央銀行も500億円もの債権放棄を求められるが、半沢たちは債権放棄せずとも自主再建は可能だとして、進政党に対して徹底抗戦を挑む。

 この政権交代による混乱も実話に近い。進政党というのはもちろん民主党のことで、民主党は09年に政権交代を果たすや、前原誠司国土交通大臣が自民党政権下でJAL再建策を検討していた有識者会議を廃止。小説と全く同じ名称の諮問機関JAL再生タスクフォースを立ち上げ、銀行に再建放棄を迫っている。

 つまり、今回の半沢の敵は、政権交代でJALの再建策の主導権を握った民主党と前原国交相、そしてタスクフォースなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『半沢直樹』今度の敵は民主党! 小沢一郎、前原誠司、蓮舫に倍返し?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。堺雅人政治家田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
8 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
9 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 麻生太郎が愛人の店に2360万円
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄