やはり出た!週刊誌の百田尚樹『殉愛』擁護記事…文春、新潮は恥ずかしくないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 現在、Hさんは『殉愛』の出版差し止めと損害賠償訴訟を起こしているが、その焦点のひとつが、『殉愛』で百田が書いているHさんがたかじんに送ったメールの内容。『殉愛』ではメールの文面について〈たかじんの携帯に娘から「なんや食道ガンかいな。自業自得やな。」という内容のメールがあった〉と記述されているが、Hさんは「週刊朝日」(朝日新聞出版)のインタビューでこれが虚偽の文面であることを主張。正しくは〈話したいことあるって言うから何かあるんやろなと思っていたけど、そういうことかいな。ショックやな。今週末大阪行くから会いましょうよ〉だったとしている。

 また、Hさんは「新潮」でも同じように証言。「新潮」としては訴訟問題でもあるため、仕方なくHさんの言い分も掲載したのだろうが、一方でこのHさんの主張に対するさくら夫人の反論は、こうだ。

「お嬢さん(Hさん)からメールが来たとたん、主人は“自業自得や言いよんねん”と吐き捨てたのです。ただ、主人は嫌なメールはかたっぱしから消す人だったので、今は残っていません」

 驚くべきことに、さくら夫人はHさんのメールを実際に見たわけではなく、たかじんから聞かされただけなのだ。ということは、百田はメールの現物を見てもいないのに、一方的にHさんを貶めるような内容を書いたということになる。よくも自信満々に「(ネットで『殉愛』を批判する者は)事実を何も知らないのに」などといったものである。

 さらに、「新潮」は、娘のHさんの弁護団が「週刊朝日」のインタビューで明かした遺産相続をめぐる問題についてもふれているが、これも全く反論になっていない。Hさん側は『殉愛』を名誉毀損で訴えた訴状で、「さくら氏が無償の愛を注ぎ、相続にも何も求めず謙虚な姿勢を示してきたという作品の基調はそもそも事実に反する」とし、「週朝」ではHさんの弁護士がこんな証言をしている。

「たかじんの金庫には2億8千万円の現金があったが、さくら氏はこのうち、1億8千万円は生前、取り交わした業務委託契約に基づいて自分のものだと主張している」

 また、さくら夫人は、当初の遺言執行人であるY弁護士を途中で解任しているのだが、その際、Y弁護士が〈さくら氏から言われたことに驚きを受けました。その内容は自宅金庫の中の現金は私のものにして欲しいというものでした〉という陳述書を提出したことが明らかになっている。

 ところが、これに対するさくら夫人の反論は「あの陳述書に書かれている発言は全部嘘です。」というだけのもの。それでいて、「(金庫から)4000万円がなくなっていた」として、「窃盗もしくは横領で刑事告訴することも視野に入れています」と、お金に対する並々ならぬ執着を見せている。

 ところが、これでも百田は“さくらさんは自分からはお金を要求していない”“たかじん氏が妻が生活に苦しむことのないようにいくばくかの財産を遺しただけ”などと強弁し、「文春」も「新潮」もそれに疑義を一切はさむことなく丸乗りしているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ人は10分間に3回嘘をつくのか 嘘とだましの心理学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

やはり出た!週刊誌の百田尚樹『殉愛』擁護記事…文春、新潮は恥ずかしくないのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界殉愛田部祥太百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
10 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
11 山本太郎「麻生太郎は万死に値する」は問題なし、当の麻生も自民党議員も発言
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
14 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
15 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
16 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
17 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
18 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
19 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄