やはり出た!週刊誌の百田尚樹『殉愛』擁護記事…文春、新潮は恥ずかしくないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 いくら家族を安心させたいからといって、離婚同意書にサインする段になって、まだこんなにラブラブぶりをアピールするなんてことがありえるのか。また、ブログには、夫の写真もアップされているが、離婚するためにやってきた夫が演技でここまで幸せそうな笑顔をつくることができるものなのか。

 また、イタリア人夫は帰国後にTwitterで「2 days: longest period without talking with my wife :()」とつぶやいている。離婚同意書にサインをした夫が「my wife」と書くのも不自然だが、それ以上にありえないのは、「2日間、こんなに妻と話せてないなんてはじめてだ」と書いていることだ。つまり、これはそれまで、毎日会話をする仲睦まじい関係だったということだろう。

 しかも、唖然とさせられるのは、百田がこうした彼女の過去を隠したことを、プライバシーを明かす必要がないと思ったから、などと強弁していることだ。「文春」では、「(たかじんは)妻のプライベートは公表したくないとも考えていました」とまたぞろ会ったこともないたかじんのせいにし、「新潮」では、ネット上で話題となっているイタリア人男性以外との結婚歴疑惑を受けて、「複数の離婚歴があったとして、それだけで未亡人を“悪女”と決め付けて良いのでしょうか」と抗弁している。

 そもそも『殉愛』自体がプライバシーを売り物にした本なのに一体何を言っているのか、という感じだが、百歩譲って、プライバシーに配慮したとしても、さくら夫人の結婚・離婚の話に触れなければいいだけ。それを百田は事実にはない架空の話をでっちあげ、虚偽を書いているのだ。

 たとえば、さくら夫人はたかじんと初めてふたりきりで出会った夜、「イタリアには彼がいるの?」と訊かれて、「親しい男性はいます」「(恋人とは)違います」「でも、父は彼と結婚したらいいと言いました」などと答えているし、別の箇所でははっきりと「独身」とも書いている。そう。わざわざ嘘の会話や身の上話しを創作しているのである。つまるところ、これは百田センセイが朝日新聞に向かって叫んでいた“捏造”ではないか。

 もちろん、百田とさくら夫人の反論は重婚疑惑の否定だけに終わらない。次に挙げているのが、たかじんが書き遺したとされる通称“たかじんメモ”の偽造疑惑だ。ネット民をはじめ、たかじんの元弟子である打越もとひさ氏や作詞家の及川眠子氏らも“あれがたかじんの字か?”と疑義を呈していたが、「新潮」は「この“疑惑”についてもすでに答えは出ている」と断言している。

 が、お笑いなのは、「週刊新潮」が根拠として挙げているのが、なんと「探偵ファイル」が依頼した筆跡鑑定結果なのだ。「探偵ファイル」がその鑑定結果をニュース記事として配信した際には、百田は〈拝見しました!プロの鑑定結果は心強いです〉〈プロの筆跡鑑定人が見たら一目瞭然!〉と嬉々としてリツイートしていたが、ここでも「新潮」は百田に丸乗りしているわけだ。だいたい、いつもは重箱の隅をつつきまくる「新潮」なのに、今回は自ら鑑定を依頼することもなく、ネットメディアの情報だけで断言までするという体たらく。すべては百田を庇うためにお膳立てしていることがありありとわかる。

 しかし、そんな「新潮」も庇いきれなかったのは、たかじんの娘・Hさんのメール問題だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ人は10分間に3回嘘をつくのか 嘘とだましの心理学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

やはり出た!週刊誌の百田尚樹『殉愛』擁護記事…文春、新潮は恥ずかしくないのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界殉愛田部祥太百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
2 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
8 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
9 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 安倍首相にマッチョ批判
13 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
14 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
15 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 改ざん前文書に「安倍昭恵」の名前が!
18 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
4五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
14赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
16 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
17K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
18大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
19吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
20 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄