羽生結弦、強行出場の陰に“謎の整体師”? オカルト依存に心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 というのも、この菊地氏はファンのあいだでも “チャクラの仙人”と呼ばれている、少々あやしい人物。加圧トレーニングやタイ古式マッサージなどだけではなく、独自に“経気四門療法”なるものも考案しており、「女性セブン」(小学館)3月6日号によれば、「人間の生命、肉体、精神の働きをコントロールするチャクラの光を見ることができ、体の一部を軽く押すだけで体の不調やバランスを整えることができる」のだという。さらに、「時間があれば算命学やヨガ、聖書などの本を読みあさり、日光や雨といった自然のパワーと向き合うことで生まれたひらめきから、新たな手技の開発、チャクラカードや杖といった治療具の発明を行っている」というように、オカルティックな匂いも漂っている。

 当然ながら、パワーストーンの効能に科学的根拠などは何もないが、羽生選手は菊地氏が開発した「パワーストーンに1枚のシールを貼った特別なペンダント」を着用。羽生選手には喘息の持病があるのだが、急な発作に襲われても「ペンダントをつけていると、呼吸が落ち着いてくることがよくあった」という経験から、リンクに上がるときは肌身離せなくなったのだという。今回の衝突時も、羽生選手のあごがパックリ開いた原因を「仙人のあのペンダントが当たったのでは?」と指摘する人もいたほどだ。

 だが、気がかりなのはそれだけが理由ではない。もうひとつ心配なのは、羽生選手と菊地氏の“親密さ”だ。

 以前、現役時代の貴乃花が整体師に傾倒したことで“洗脳騒動”が起こったことを覚えている人も多いだろう。兄・若乃花との確執が取り沙汰され、母である藤田憲子とも絶縁状態に陥ったが、これらはすべて整体師による洗脳が原因だとされている。──アスリートにとっては、マッサージを施す医師や整体師は大事な体を預ける重要な存在。その施術によってよい結果が出れば信頼は増し、体だけではなく心も依存していくようになっていく。一方の施術する側も、自分があたかも他人をコントロールできている錯覚に陥り、共依存のような関係に発展していくのだ。

 実際、羽生選手は初めて4回転を成功させた2010年のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会の前にも、例のペンダントの力が落ちているとして、菊地氏から「チャクラを入れ直した新しいシール」をもらい、貼り直している。そして、菊地氏が帯同したソチ五輪では、見事に金メダルに輝く快挙を成し遂げた。……これだけの“結果”を経験しているとなると、羽生選手が精神的に菊地氏への依存を高めていてもおかしい話ではない。

 今回も、本来ならコーチであるオーサー氏とよく話し合い、チームドクターが身体の状態を判断すべきところだが、カメラが映しだしたのは、羽生選手に菊地氏がべったりと付きっきりになっている様子だった。いくら羽生選手が頼りにしているとはいえ、脳しんとうといった分野は門外漢。日本チームにはドクターが帯同しておらず、羽生選手はアメリカチームのチームドクターに診察を受けたというが、適切な判断がなされたのか疑問視する声も多い。

 だが、とても19歳とは思えないしっかりとした意志をもった羽生選手のこと。心配が過ぎるだけかもしれない。どうかこの気がかりが杞憂に終わればいいのだが……。
(水井多賀子)

最終更新:2015.01.19 04:32

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

羽生結弦、強行出場の陰に“謎の整体師”? オカルト依存に心配の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フィギュア水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
2 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
3 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
8 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
9 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
13 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
14 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
15 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
16 安倍首相が百田尚樹『日本国紀』をPR
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
3クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
4安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
5橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
6コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
7吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
8政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄