DaiGoのメンタリズムはただの手品!? 作家転身でバレた中身の浅さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
daigo_01_141023.jpg
メンタリストDaiGoオフィシャルブログより


「すべての超常現象は科学的に再現できる」

 メンタリズムで一世を風靡したDaiGoの公式サイトには、そんな言葉が掲げられている。パフォーマー引退宣言をし、評論家として「メンタリズムを誰にでもできる能力としてシェアして、コミュニケーションツールやビジネスなど日常生活に活かす方法を提案していきたい」と語っていた彼。その言葉通り、昨年から今年にかけて次々と著作を刊行し、しかも売れ行き好調のようだ。

「メンタリズム」とは、とりあえず「心理操作を上手く使い、あたかも超能力のように見せるテクニック」と考えれば良いだろう。特にイギリスのダレン・ブラウン登場以降は、わざとタネ明かしをして「これは超能力でもなんでもなく、メンタリズムという技術なんですよ」と提示する点に妙味がある。

 DaiGoはたびたび「メンタリズム=手品ではない」と主張しているのだが、少なくともテクニック部分については手品術が積み重ねてきたノウハウに依拠している。マジシャン業界では古くから「メンタルマジック」と呼ばれているものだ。相手の心を読んだり心理を操ることによって、あたかも超能力さながらの演出を見せるワザである。DaiGoによれば、あのユリ・ゲラーもメンタリストの一人として挙げられており、それは言い換えれば、ユリ・ゲラーのスプーン曲げも時計を直す念力も「超能力ではなく、トリックである」という主張になるだろう。

 確かに、メンタルマジックが超能力というパッケージングで悪用された例は多々ある。例えば日本の新興宗教団体でも、勧誘や教祖の神格化のために「超能力」トリックが使われていた(某団体の教祖も、手品でお馴染みのトリックを流用していたらしいが……)。その辺りを危惧した松田道弘(奇術研究家)が『超能力(メンタル)マジックの世界』(筑摩書房 /1993年)『メンタルマジック辞典』(東京堂出版 /1997年)を発表し、予言・透視・念力などの超能力にまつわるトリックとテクニックを解説していた。

 マジシャン側からのオカルト告発として最も有名な例は、スピリチュアル・ブームに沸き立った20世紀初めのアメリカ、奇術師ハリー・フーディーニが、霊媒師・超能力者たちのトリックを次々と暴く「サイキック・ハンター」として活躍した例が挙げられるだろう。前述のダレン・ブラウンも霊能者とTVで対決していたりと、明らかにフーディーニの系譜に連なる存在だ。オカルトやスピリチュアルが隆盛し、メンタルマジックが悪用されるようになれば、そのテクニックに精通した側からの告発、いわば「科学的なオカルト否定」が出てくる。これは様々な国と時代で散見されてきた事象なのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

DaiGoのメンタリズムはただの手品!? 作家転身でバレた中身の浅さのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。吉田悠軌洗脳詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
2 駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
3 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
16 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
17 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
18 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄