スピリチュアルのカリスマ・舩井幸雄が死の直前にスピを否定!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hunaiyukio_01_141015.jpg
『すべては「必要、必然、最善」』(ビジネス社)

 日本スピリチュアル界のドン、舩井(船井から改称)幸雄が逝去したのが今年の初め。生前発行された『未来への言霊』に続く、死後の最新刊が本書『すべては必要、必然、最善』(ビジネス社)である。メルマガ「舩井メールクラブ」において、死の直前まで配信されたものの書籍化。舩井の遺作というスタンスの著作だが、彼自身による文章は多くない。息子・舩井勝仁の語りと、舩井が「超プロ」と呼ぶスピリチュアル仲間たちによって、ほとんどの分量が構成されている。「超プロ」たちの面々は、預言書『日月神示』の解説者・中矢伸一、「言霊」の七沢賢治、「波動理論」の末廣淳郎、陰謀論の大御所であるベンンジャミン・フルフォードなどなど……。

 舩井関連のスピリチュアル(オカルト)人脈を一堂に見渡せるといった意味では豪華メンバーではある。だが、舩井幸雄による最後のメッセージを期待していた身としては、少々肩透かしをくらった形だ。というのも、舩井は死の直前、スピリチュアルの否定ともとれる発言を公開しているからである。

《いまの世の中は、スピリチュアルなこととか食とか遊びなど、どうでもいいことに浮かれている人に、かなり焦点が当っています。一度そのようなどうでもいいことは忘れ、現実人間にもどってほしいのです。そうしますと、「あっ」と、びっくりするほど、自分のしていたムダに気づくでしょう。間違いも分ると思います。
(中略)
 いまさらスピリチュアルやおいしいものに夢中になるという時ではありません。
 ぜひ生きるのに必要なことに今年は全力投球をしてください。》(舩井幸雄.com 「舩井幸雄のいま知らせたいこと」2014年1月6日「賀正」より)

 舩井の逝去そのものが日本スピリチュアル界隈における一大トピックである。しかも、その直前にこのような発言が配信された衝撃は少なからぬものだったようだ。とはいえ、舩井の存在を知らない人々にはピンとこないかもしれない。以下、日本のスピリチュアルと舩井幸雄について、ごく簡単な紹介だけをしておこう。

 日本におけるスピリチュアル文化は、1960~70年代より「精神世界」と呼ばれる一連のムーブメントとして受容され始めた。この流れは、バブル時にまで引き継がれていく。好景気花盛りにも関わらず、いやだからこそ、躁状態の社会に疎外感を覚える多くの人(特に若者)の心を捉えていったのだ。それまでは一部の人間に親しまれてきた「精神世界」が次第に大衆化し、新・新宗教の興隆ともあいまって活況を呈していく。だがバブル崩壊による不況、さらにオウム事件ショックが社会を覆った90年代半ば、この流れは一つの頓挫を迎える。それに代わる形でスピリチュアル・ブームを引っ張っていったのが、舩井幸雄だ。

 もともと経営コンサルタンティング会社「船井総研」の創業者として知られる舩井だったが、徐々に自身のスピリチュアル思想を喧伝していくようになる。徹底したプラス思考と自己改革、「エゴからエヴァ(一体化)へ」といった提唱は、不況の混迷で行き場を見失った人々から大きな支持を受けた。経済的成功にまつわる「成功哲学」の要素も強く、大企業の社長や有名人をはじめ、特に中小企業の社長やビジネスマンなどの支持層が厚いのも特徴だ。1994年から開催されたスピリチュアル系イベント「船井幸雄オープンワールド」は年を追うごとに規模が巨大化し、年何回も発行される舩井の著作はどれもベストセラーとなる。こうした影響は「舩井チルドレン」とでも呼ぶべきスピリチュアリスト達を生み出していった。現在ある無数の自己啓発書における「引き寄せの法則」「100%自己原因説」とも間接的に繋がっているとも言える。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

スピリチュアルのカリスマ・舩井幸雄が死の直前にスピを否定!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアルブラック企業吉田悠軌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 山本太郎「麻生太郎は万死に値する」は問題なし、当の麻生も自民党議員も発言
14 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
20 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄