スピリチュアルのカリスマ・舩井幸雄が死の直前にスピを否定!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hunaiyukio_01_141015.jpg
『すべては「必要、必然、最善」』(ビジネス社)

 日本スピリチュアル界のドン、舩井(船井から改称)幸雄が逝去したのが今年の初め。生前発行された『未来への言霊』に続く、死後の最新刊が本書『すべては必要、必然、最善』(ビジネス社)である。メルマガ「舩井メールクラブ」において、死の直前まで配信されたものの書籍化。舩井の遺作というスタンスの著作だが、彼自身による文章は多くない。息子・舩井勝仁の語りと、舩井が「超プロ」と呼ぶスピリチュアル仲間たちによって、ほとんどの分量が構成されている。「超プロ」たちの面々は、預言書『日月神示』の解説者・中矢伸一、「言霊」の七沢賢治、「波動理論」の末廣淳郎、陰謀論の大御所であるベンンジャミン・フルフォードなどなど……。

 舩井関連のスピリチュアル(オカルト)人脈を一堂に見渡せるといった意味では豪華メンバーではある。だが、舩井幸雄による最後のメッセージを期待していた身としては、少々肩透かしをくらった形だ。というのも、舩井は死の直前、スピリチュアルの否定ともとれる発言を公開しているからである。

《いまの世の中は、スピリチュアルなこととか食とか遊びなど、どうでもいいことに浮かれている人に、かなり焦点が当っています。一度そのようなどうでもいいことは忘れ、現実人間にもどってほしいのです。そうしますと、「あっ」と、びっくりするほど、自分のしていたムダに気づくでしょう。間違いも分ると思います。
(中略)
 いまさらスピリチュアルやおいしいものに夢中になるという時ではありません。
 ぜひ生きるのに必要なことに今年は全力投球をしてください。》(舩井幸雄.com 「舩井幸雄のいま知らせたいこと」2014年1月6日「賀正」より)

 舩井の逝去そのものが日本スピリチュアル界隈における一大トピックである。しかも、その直前にこのような発言が配信された衝撃は少なからぬものだったようだ。とはいえ、舩井の存在を知らない人々にはピンとこないかもしれない。以下、日本のスピリチュアルと舩井幸雄について、ごく簡単な紹介だけをしておこう。

 日本におけるスピリチュアル文化は、1960~70年代より「精神世界」と呼ばれる一連のムーブメントとして受容され始めた。この流れは、バブル時にまで引き継がれていく。好景気花盛りにも関わらず、いやだからこそ、躁状態の社会に疎外感を覚える多くの人(特に若者)の心を捉えていったのだ。それまでは一部の人間に親しまれてきた「精神世界」が次第に大衆化し、新・新宗教の興隆ともあいまって活況を呈していく。だがバブル崩壊による不況、さらにオウム事件ショックが社会を覆った90年代半ば、この流れは一つの頓挫を迎える。それに代わる形でスピリチュアル・ブームを引っ張っていったのが、舩井幸雄だ。

 もともと経営コンサルタンティング会社「船井総研」の創業者として知られる舩井だったが、徐々に自身のスピリチュアル思想を喧伝していくようになる。徹底したプラス思考と自己改革、「エゴからエヴァ(一体化)へ」といった提唱は、不況の混迷で行き場を見失った人々から大きな支持を受けた。経済的成功にまつわる「成功哲学」の要素も強く、大企業の社長や有名人をはじめ、特に中小企業の社長やビジネスマンなどの支持層が厚いのも特徴だ。1994年から開催されたスピリチュアル系イベント「船井幸雄オープンワールド」は年を追うごとに規模が巨大化し、年何回も発行される舩井の著作はどれもベストセラーとなる。こうした影響は「舩井チルドレン」とでも呼ぶべきスピリチュアリスト達を生み出していった。現在ある無数の自己啓発書における「引き寄せの法則」「100%自己原因説」とも間接的に繋がっているとも言える。

 ただ、アメリカ型の自己啓発・成功哲学と異なり、舩井はスピリチュアル的・オカルト的な思想を大っぴらにしていた。多数ある著作のどれもが似た内容だが、『マンガで読む 船井幸雄のスピリチュアルな世界』(グラフ社)が最も手早く舩井のスピリチュアル観を知る手がかりとなるだろう。同書は「この世は、まず悪いカルマを清算する場だと思うんだ」「波動とはたえずすべての物や人から発信されているんだ」「2010年~2020年ごろに地球規模の大変化が起こる」などの発言が頻繁に飛び交うオカルチックな啓蒙マンガであり、見えない世界=スピリチュアルを人々に知らしめようという舩井の(良くも悪くも)本気さが伝わってくる。現世利益的な成功哲学と、「真実に気付いて世界の変革を起こそう」といった思想が、なぜか舩井の中では同居しており、そこが人気を博した理由でもあるのだろう。

 このように舩井思想には、いきすぎた資本主義への警告、自然回帰など“反(脱)近代”といった側面も確かにある。しかしやはり、根本的には社会的(経済的)成功、「誰よりも多く働くことこそが美徳であり自己実現」といった指向に傾いていることは否めない。「見えない世界」を訴えるスピリチュアル部分についても、結局は「その方が健康になる、仕事も上手くいく」という利益目的から抜け出せてはいないのだ。資本主義の負の部分を打破する考え方を提唱しているつもりでも、根本的にはその資本主義を追認しており、時には金儲けのために悪用される危険すらある。近年のブラック企業による自己啓発めいた思想を根拠とする労務超過、オカルト的な「成功のための情報」を売りに儲けるネットワークビジネスなど、舩井自身にそのつもりは無いだろうが、間接的には彼のスピリチュアル活動が影響を与えたとも言えるだろう。

 90年代半ば、一度は下火となったかに見えたスピリチュアルの大衆化は、むしろ21世紀に入り強まったのだ。一面としては、パワースポットから「冷えとり靴下」ブームまで、ポップな装いにパッケージを変え、宗教色と政治色を(一見)排除した消費材として。もう一面では、経済的成功をエサにした自己啓発・意識改革が、ブラック企業やネットワークビジネスの興隆に加担するという意味で。

 舩井の一見「スピリチュアル否定」ともとれる発言は、おそらく前者「あまりにもポップ化したスピリチュアル」に対しての違和感だろう。それまでもことさら「本物」の医療・経営・農業あるいはスピリチュアルに注目しなさいと喧伝してきた舩井である。東日本大震災や原発事故を受け、このような時代には浅い流行に惑わされるな、という危機感を表明したのかもしれない。その主張については、頷ける点も多少はある。しかし舩井が「本物」とする代替医療や波動、気孔、陰謀論にせよ、結局は彼のお眼鏡にかなったものに過ぎない。無自覚にスピリチュアルを消費する一般大衆より、かなりマニアックに調べているというだけで、根本的な命題としての違いは感じられないのだ。
 
『すべては必要、必然、最善』では、このような「本物」「超プロ」の舩井チルドレン達を多く紹介し、彼らが考える「これからの社会のあり方、人々の意識の変え方」を提唱している。とはいえ、どれも完全に「オカルト」の枠に入れざるをえない話ばかりである。

 例えば、中矢伸一は、首都高の大橋ジャンクションから江北までワープしてしまった体験を語り、「パラレルワールドが存在することは科学的にも言われていることだし、あながち否定もできないだろう」、つまり異世界は存在し、アセンション(世界の次元上昇)もこういった形なのでは、と語る。怪談としては面白いが、それを全世界的な変革と絡めるのは飛躍し過ぎではないだろうか。

 他にも、フリーエネルギー(永久機関)の研究者・井出治はニコラ・テスラや宇宙人とチャネリングして啓示をもらっているそうだし、末廣淳郎は“アポロ農法”によってハイエネルギーを入力された米は腐らないと述べている。しかし、彼らの主張をいくら読んでも、どういった理屈なのかが分からない。
 
 これらの話を「オカルト」として楽しむのは、私も大好きではある。しかし「真実に気付いた一部の人々が、気付かない人々へと本気で啓蒙している」といったスタンスで持ち出されると、やはり「キチンと納得いく理屈を示してくれ」と反論したくもなる。

 こうした「本物」(あくまで舩井の考える本物、だが)を『すべては必要、必然、最善』にて提示することが、前述の「スピリチュアル否定」発言へのフォローということなのだろう。だが、少なくとも私がこの書籍に望んでいたのは「どれが本物のスピリチュアルで、どれがダメなスピリチュアルなのか」といったガイドではない。

 むしろ舩井スピリチュアル的な自己啓発が、ブラック企業に代表されるような社会問題に繋がっていったこと。その総括と反省が「スピリチュアル否定」だったのではないかとも期待していたのだ。しかし『すべては必要、必然、最善』内でも、息子・勝仁の文章では「楽しみながら自主的にハードワークをこなしていくこと」を善きこととして記述し、その他の部分でも「命がけ」で仕事することを明らかに推奨している。経営者の都合でオーバーワークさせる手段としてスピリチュアルが利用されている点、その流れに舩井幸雄の活動も影響を与えていた点については、彼の死に及んでも全く無自覚なのだろう。

 私も舩井幸雄の功績について全否定する気は無い。しかし功罪の「罪」の部分については、舩井の死をキッカケとして、舩井チルドレンという内部からの総括があっても良いのではないかと考える。その方が、これからの時代に向けて、より建設的な「スピリチュアル」が形作られていく助けとなるのではないだろうか。
(吉田悠軌)

最終更新:2015.01.19 05:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

スピリチュアルのカリスマ・舩井幸雄が死の直前にスピを否定!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアルブラック企業吉田悠軌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
2 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
8 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
9 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
10 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
11 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
13 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
8 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄