休養宣言!モー娘。道重のカメラの腕前がスゴい!AKB『友撮』に圧勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mitishige_01_141018.jpg
モーニング娘。'14 写真集 『 ミチシゲカメラ '13-'14 』(ワニブックス)

 今年の秋ツアーをもって、12年間在籍したモーニング娘。を卒業するリーダーの道重さゆみ。モー娘。卒業後は無期限休養を発表し、ファンの間に落胆の声が広がっている。道重は「モーニング娘。になりたかっただけで、芸能界に入りたかったわけではない」と常々語っており、このまま引退してしまうのではとの危惧する声もある。卒業後の進路について具体的なことをほとんど語ってこなかった道重だが、実はひとつだけ興味を示したことがある。

「アイドルをプロデュースっ! 楽しそうっ♪ まず歌とダンスに関しては誰かに任せつつ(笑)、オーディションからその子を見つけて衣装とか髪型とかをプロデュースするとか! さゆみはファン目線も持ってますからねっ!!」

 これは「B.L.T.」(東京ニュース通信社)2014年7月号のインタビューでの発言だ。実はファンの間では「道重さゆみプロデューサー待望論」は根強い。モー娘。がここまで人気を盛り返したのも、道重の功績が大きい。

 そんな道重のプロデュース能力が垣間見えたのが『ミチシゲカメラ'13-'14』(ワニブックス)。道重が、1年かけてメンバーを撮りためた写真集を出したのだが、ファンからも“神写真集”と絶賛されている。

 アイドルが同じグループのメンバーを撮るという点では、AKB48の友撮シリーズも同じで、最近では第5弾となる『AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM』(講談社)も発売されて人気を博している。でも、たしかにどちらも普段見られない舞台裏での表情や絡みが見られるという点では同じなのだが、収録されている写真を見比べてみると全く違うことがわかる。

 まず、『AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM』の場合だが、メンバー同士で撮っているはずなのに、それぞれのキャラ、イメージ以上のものがあまり出ている気がしない。

 アイドルは自分の見せ方がわかっているので、どんなに気を抜いていてもカメラを向けられるとスイッチが入ってしまうのだろう。ピンクのモコモコうさ耳フードをかぶる小嶋陽菜も、マッサージを受けるためにうつぶせになっている松井珠理奈も、気を抜いているようで全く抜いてはいない。どうやったら自分がかわいく写るかわかっているのだ。

 舌を出す大島優子の変顔や川栄李奈が目を見開いたり、唇を突き出す変顔も同じだ。自分のキャラを生かし、かわいさを残しながら、面白くしようというサービス精神が出ている。

 渡辺麻友も「相手に嫌がられない程度に様子をうかがって、このくらいなら大丈夫かなってところを撮ろうとしてました。自分が嫌な撮られ方されたら嫌だから、そこは思いやりの精神で(笑)」と語っていたが、AKBの友撮の場合、写真を撮る側もかなり気を遣っているらしい。だから、不意打ちや寝顔以外の写真は、どうしても撮られていると意識してしまっており、どこかキメている感じがしてしまうのだ。

 でも道重の写真は全然ちがう。オフィシャルな写真でも普段のメンバー自身のブログでも見られない姿が映っているのだ。それは、たんに、メンバーいちオンオフが激しいという石田亜佑美のメガネすっぴんショットや、まぶたに目を描いて遊ぶ佐藤優樹の変顔をバッチリ収められているというだけではない。これまでの彼女たちとはまったくちがう魅力が写真に映っているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モーニング娘。`14 写真集 『 ミチシゲカメラ '13-'14 』

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

休養宣言!モー娘。道重のカメラの腕前がスゴい!AKB『友撮』に圧勝のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュースモーニング娘。島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
2 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
6 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
7 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
8 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
9 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
10 松坂桃李が玉川徹に『新聞記者』主演の理由を語った!
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
15 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
16 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
17 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍政権の闇を描いた映画『新聞記者』は日本アカデミー賞をとれるか?
20 安倍首相も森友土地取引に関与?
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
7ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄