休養宣言!モー娘。道重のカメラの腕前がスゴい!AKB『友撮』に圧勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mitishige_01_141018.jpg
モーニング娘。'14 写真集 『 ミチシゲカメラ '13-'14 』(ワニブックス)

 今年の秋ツアーをもって、12年間在籍したモーニング娘。を卒業するリーダーの道重さゆみ。モー娘。卒業後は無期限休養を発表し、ファンの間に落胆の声が広がっている。道重は「モーニング娘。になりたかっただけで、芸能界に入りたかったわけではない」と常々語っており、このまま引退してしまうのではとの危惧する声もある。卒業後の進路について具体的なことをほとんど語ってこなかった道重だが、実はひとつだけ興味を示したことがある。

「アイドルをプロデュースっ! 楽しそうっ♪ まず歌とダンスに関しては誰かに任せつつ(笑)、オーディションからその子を見つけて衣装とか髪型とかをプロデュースするとか! さゆみはファン目線も持ってますからねっ!!」

 これは「B.L.T.」(東京ニュース通信社)2014年7月号のインタビューでの発言だ。実はファンの間では「道重さゆみプロデューサー待望論」は根強い。モー娘。がここまで人気を盛り返したのも、道重の功績が大きい。

 そんな道重のプロデュース能力が垣間見えたのが『ミチシゲカメラ'13-'14』(ワニブックス)。道重が、1年かけてメンバーを撮りためた写真集を出したのだが、ファンからも“神写真集”と絶賛されている。

 アイドルが同じグループのメンバーを撮るという点では、AKB48の友撮シリーズも同じで、最近では第5弾となる『AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM』(講談社)も発売されて人気を博している。でも、たしかにどちらも普段見られない舞台裏での表情や絡みが見られるという点では同じなのだが、収録されている写真を見比べてみると全く違うことがわかる。

 まず、『AKB48 友撮 FINAL THE WHITE ALBUM』の場合だが、メンバー同士で撮っているはずなのに、それぞれのキャラ、イメージ以上のものがあまり出ている気がしない。

 アイドルは自分の見せ方がわかっているので、どんなに気を抜いていてもカメラを向けられるとスイッチが入ってしまうのだろう。ピンクのモコモコうさ耳フードをかぶる小嶋陽菜も、マッサージを受けるためにうつぶせになっている松井珠理奈も、気を抜いているようで全く抜いてはいない。どうやったら自分がかわいく写るかわかっているのだ。

 舌を出す大島優子の変顔や川栄李奈が目を見開いたり、唇を突き出す変顔も同じだ。自分のキャラを生かし、かわいさを残しながら、面白くしようというサービス精神が出ている。

 渡辺麻友も「相手に嫌がられない程度に様子をうかがって、このくらいなら大丈夫かなってところを撮ろうとしてました。自分が嫌な撮られ方されたら嫌だから、そこは思いやりの精神で(笑)」と語っていたが、AKBの友撮の場合、写真を撮る側もかなり気を遣っているらしい。だから、不意打ちや寝顔以外の写真は、どうしても撮られていると意識してしまっており、どこかキメている感じがしてしまうのだ。

 でも道重の写真は全然ちがう。オフィシャルな写真でも普段のメンバー自身のブログでも見られない姿が映っているのだ。それは、たんに、メンバーいちオンオフが激しいという石田亜佑美のメガネすっぴんショットや、まぶたに目を描いて遊ぶ佐藤優樹の変顔をバッチリ収められているというだけではない。これまでの彼女たちとはまったくちがう魅力が写真に映っているのだ。

 たとえば、小田さくらの場合。彼女はモー娘。加入当初、写真写りが悪いことに悩み、かわいくなろうと努力していた。その成果もあってかブログなどで披露する“自撮り”写真がうまいことで有名だ。ただ自撮りの場合、いつも同じキメ角度や流行りの表情ばかりになったり、定型的なかわいさにハマりがちだ。

 でも、道重カメラの小田はそういう「定型のかわいい」ではなく、小田らしいかわいさを引き出しているのだ。リハーサル中の真剣な表情やみんなと食事しているときのあどけない笑顔、上を向いて口に手を添え、何かを頬張る姿。15歳とは思えないセクシーさも漂っていて、ドキッとする。

 鞘師里保も「メンバーがどういうときに輝いてるかっていうのを、道重さんは良く知ってらっしゃると思います」と語っているように、それぞれのあまりスポットの当たっていない魅力も引き出しているのだ。

 そして、AKBの友撮では、メンバー同士でキスしている写真や、巨乳として知られる橋本耀や名取稚菜、森川彩香らの谷間まで見えるアップのバストショット。武藤十夢がソファーで眠っていたり、柏木由紀や阿部マリアがパイプイスの上で体操座りする太もものアップなど、ファンが喜ぶサービスショットも押さえてある。

 しかし、道重の場合は、そういった安易なサービスショットで読者を喜ばせようとはしない。あくまで、そのメンバーの表情がメインで、それにさり気なくサービスショットをプラスしている感じなのだ。太ももに定評がある鞘師の場合、ステージに腰掛け、自分で片足を持ち上げてY字バランスのような格好をしている写真があるのだが、自然体な笑顔で無防備にそんなポーズをとっているところが、むしろグッとくる。太ももも自然体な鞘師も堪能できるベストショットになっているのだ。セクシー担当の譜久村聖は、少し気だるげな感じでうつぶせに木のベンチに寝そべり、カメラ目線でピースサインをしている。特別エロい格好やショットというわけでもないのに、彼女の色気は全開で、安心しきった表情を見るとちょっとした彼氏気分さえ味わえてしまいそうだ。

 こうした写真が撮れるのはやはり、道重がメンバーから絶対的に信頼されていることが大きい。石田亜佑美は「道重さんに対しての信頼度が大きいので、すごい変顔とかも普通にできちゃいましたね。初対面のカメラマンさんとかを相手では、絶対にできないですから(笑)」と語っているし、佐藤優樹に至っては「道重さんは写真を撮るのが上手いし、メンバーのことをすごく理解してくれているので、道重さんが選んだ写真だったら、それに対して優樹はなんの不満もありません」とまで言い切っている。

 でも、それだけじゃない。自他ともに認める“ドルヲタ”道重は、どうやったらメンバーをより魅力的に撮れるのかということを徹底的に追求しているのだ。

 カメラは「良さを伝えるもの」だと語る道重は、写真を撮ることによって「その人の良さやモノの良さを共有できる」ことが幸せだという。今回も「一瞬一瞬のその子の良さを逃さないように頑張った」そう。ファンと一緒にメンバーの良さを共有したい。そんなファンとメンバーに対する道重の愛情が、この写真集を生み出したのだ。

 こんなふうに、愛情をもってかわいい女の子たちの良さを見つけ、それを引き出してくれる道重。そのため、早くから彼女のプロデュース能力に目をつけていたファンも多く、道重のことを「さゆP」「道重P」と呼んだり、二代目ハロプロプロデューサーやつんくの補佐役を熱望する声も数多く上がっている。

 卒業後は芸能活動を無期限休止し、今後のことをゆっくり考えたいと語っている道重だが、卒業後の進路として、道重のプロデューサー転向はあり得るのかもしれない。
(島原らん)

最終更新:2018.10.25 12:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

モーニング娘。`14 写真集 『 ミチシゲカメラ '13-'14 』

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

休養宣言!モー娘。道重のカメラの腕前がスゴい!AKB『友撮』に圧勝のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュースモーニング娘。島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相がTOKIOに続き大泉洋、高畑充希と会食PR
2 安倍首相がトランプ接待で「大相撲の伝統」破壊
3 部落差別問題で長谷川豊と維新が露呈したトンデモぶり
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
6 安倍首相が新天皇に内奏の夜、「ドアまで送ってくれた」と自慢
7 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 秋篠宮家の料理番がブラック告発
10 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
11 丸山穂高「戦争」発言で長谷川豊、百田尚樹がマスコミを批判
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
14 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
15 つんく♂が秋元のメンバー差別に
16 見城徹社長が騒動渦中、首相公邸で安倍首相と会食!?
17 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
20 新天皇の即位パレードが自民党本部前を通るルートに
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄