日清、イオン、グリコ…もメッタ斬り!あの食品をプロが実食テストした結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shokuhintest_01_141014.jpg
『スーパーマーケット最強バイブル』 (晋遊舎)

 カレーにシチュー、パスタソース……スーパーやコンビニの棚に並ぶ、同じジャンルの商品たち。種類が豊富なのはありがたいが、消費者としては「で、どう違うんだろう」と悩むこともしばしばだ。

 そんなとき、よき助っ人となってくれるのが「商品テスト」の結果だ。消費者の目線であらゆる生活品を比較・批評することで人気を博している雑誌「LDK」(普遊舎)が特別編集した『スーパーマーケット最強バイブル』では、調味料からレトルト食品まで全694製品をプロと編集者が実食テストを決行。きちんと商品名を出してジャッジを下しているのだ。

 たとえば、お手頃価格で人気のプライベートブランド(PB)食品のなかでも、各社が力を入れているレトルトカレー。とくにお世話になりがちな100円前後の「お買い得カレー」でベストバイに選ばれたのは、ユニーの「ビーフカレー辛口・中辛」。食育・料理研究家の北山みどり氏によれば、「安いですが破綻がなく、味のバランスがいい」とのこと。このほか高評価のAを付けられているのは、同じくユニーの「StyleOneビーフカレー辛口・中辛」と、イオン「トップバリュ ビーフカレー辛口・中辛」だ。

 逆に「トホホ、がっかり」判定なのは、イオン「トップバリュベストプライス カレー中辛」と、西友「みなさまのお墨付き カレー甘口」だ。前者は「具は粉々でとろみが過剰」、後者は「具は大きいけど、甘みが不自然」という理由らしい。同じイオンのPB食品でも、評価が割れているのはとても興味深いところだ。

 また、近年定着してきた冷凍パスタ。こちらもジャンル毎に評価を下しているが、みんな大好きナポリタン部門で1位に輝いているのが、日清製粉「マ・マー 金のスペシャリテ ソテースパゲティ ナポリタン」。「オイル分がやや多めでソテーした感あり」だといい、「いかにも王道ナポリタン」という高評価を得ている。一方、「お世辞にもお薦めできない」とこき下ろされているのが、日清食品の「スパ王 ナポリタン」。「パスタに粉をまぶすだけなんて、ちょっとわびしすぎます!」ということらしい。

 ナポリタンと並んで人気のあるカルボナーラ部門でトップとなっているのは、セブン&アイの「セブンプレミアム カルボナーラスパゲッティ」。ただし、カルボナーラは卵黄のコクを再現することが「至難の業」であるようで、全体的に味の完成度は低い。せっかくのトップであるセブン&アイの製品も、「おとなしく上品にまとまった、一般受けする味でふつうにおいしい」という、あまり積極的ではないジャッジだ。同様に、オイルパスタ系も各社ともほぼ惨敗で、日清食品の「冷凍 日清スパ王プレミアム ぷりぷり海老と彩り野菜のペペロンチーノ」にいたっては「海鮮焼きそば風で、ペペロンチーノ本来の味は微塵もありません」とのこと。どうやらカルボナーラとペペロンチーノは自作したほうがよさそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

スーパーマーケット最強バイブル (晋遊舎ムック)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

日清、イオン、グリコ…もメッタ斬り!あの食品をプロが実食テストした結果のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
2 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
3 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
4 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
5 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
7 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
8 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
11 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
14 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
15 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
16 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
17 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
18 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
19 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
20 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
6菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄